埼玉県の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装はうるさい?音が出る作業と騒音対策をご紹介!

公開日:2024/02/01  最終更新日:2023/11/01

塗装騒音

外壁塗装は、美しさと耐久性を保つために必要な重要なメンテナンス作業ですが、その一方で騒音の問題も伴います。

本記事では、外壁塗装の音の発生源を解説し、騒音を最小限に抑えるための実用的な方法についてご紹介します。近隣への配慮と作業効率向上のバランスを取りながら、静かで効果的な外壁塗装を実現するポイントをお伝えします。

外壁塗装はうるさい?騒音の原因とは

外壁塗装工事中の騒音は原因が多岐にわたります。最初にあげられるのは、足場の設置と解体作業です。足場を組む際や解体する際に、鉄骨の接合音や作業機械の音が発生します。これに続いて高圧洗浄作業があり、高圧洗浄機のエンジン音や水の噴射音が近隣に響きます。

さらに、ケレン作業と呼ばれる外壁の古い塗料を剥がす作業も騒音の原因となります。ケレン作業では、特殊な工具を使用し、外壁を削る音が発生します。

また、外壁塗装の主要な工程である吹き付け塗装も、騒音を伴う作業の一つです。塗料を吹き付ける際に、圧縮空気を使うため、エアーコンプレッサーの音が近隣に響くことがあります。

最後に、作業員たちの話し声も騒音の要因となります。作業現場では指示や連絡が必要であり、職人さんたちの声が騒音の一部となります。これらの騒音源は、近隣住民にとって大きな迷惑となります。

外壁塗装をおこなう際には、騒音対策が重要であり、作業時間の制限や防音シートの使用など、周囲への配慮が求められます。

外壁塗装の騒音を軽減するための工夫

外壁塗装工事中の騒音を軽減するために、いくつかの工夫が考えられます。まず、自分でできる対策として、以下の方法が挙げられます。 

耳栓の使用

耳栓は比較的手軽に入手でき、騒音から耳を保護する効果的な方法です。イヤープラグ型やフルサイズの耳栓など、自分に合った種類を選びましょう。

イヤホン・ヘッドホンの利用

音楽や白 noise(白色雑音)を再生するイヤホンやヘッドホンを使うことで、外部の騒音を遮断し、快適な環境を作り出すことができます。

一方で、外壁塗装業者自身も騒音を軽減するための対策を講じるべきです。その際に考慮すべき方法の一つが、「外壁塗装用の遮音塗料の使用」です。遮音塗料は、通常の塗料と同じように外壁に塗布しますが、騒音を吸収・遮断する特性を持っています。

これにより、外壁塗装工事中の騒音を大幅に軽減できます。

外壁塗装の騒音トラブルを避けるための対策方法

外壁塗装の騒音トラブルを避けるために、以下の対策方法が役立ちます。

近所への事前挨拶

外壁塗装工事をおこなう前に、近隣住民に挨拶し、工事の日程や予定される騒音について説明しましょう。住民への配慮を示すことで、理解と協力を得やすくなります。

作業時間の調整

作業時間帯を検討し、早朝や夜間の騒音を最小限に抑えるよう心掛けましょう。地域の騒音制限規制を守り、法的な規制に従うことが重要です。これにより、住民の生活への影響を軽減できます。

防音シートの使用

作業現場周辺に防音シートを設置することで、騒音を外部に漏れにくくします。これは外壁塗装工事の騒音を局所的に抑える効果的な方法であり、周囲への配慮を示す一環として取り入れましょう。

これらの対策を積極的に取り入れることで、外壁塗装工事を円滑に進めつつ、周囲の住民への迷惑を最小限に抑えることができます。住民との協力と配慮が、トラブルを回避し、良好な関係を築く鍵となります。

まとめ

外壁塗装工事の騒音の主な原因は足場の設置・解体、高圧洗浄、ケレン作業、吹き付け塗装、作業員の声などです。騒音軽減のためには、耳栓やイヤホンの使用、遮音塗料の利用が有効です。

また、騒音トラブルを防ぐには、近隣住民への事前の挨拶、作業時間の調整、防音シートの設置、静音機器の採用、コミュニケーションの維持が必要です。

これらの対策を総合的に実施することで、外壁塗装の騒音問題を最小限にし、周囲との良好な関係を保ちながら工事を進めることが可能です。

サイト内検索
記事一覧
その他の外壁塗装・屋根塗装業者