埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装・屋根塗装後イメージした色が違う!対処法はある?

公開日:2021/07/01  最終更新日:2021/05/06


埼玉県は豊富な商業施設とたくさんの自然に囲まれていて、居住にはとても適している土地です。しかし住まいを建てると長い年月のために家の外装が劣化してしまいます。家の雨漏りや老朽化を防ぐために屋根塗装や外壁塗装について検討して依頼をすると、塗装後にイメージしていた色が違う場合があります。失敗をしないための方法を説明します。

色選びのポイントを事前につかんでおく

イメージ通りの色にする、また色が違うということがないようにするためには、事前の塗料の色選びをすることが最も大切です。塗装を終了してしまうとやり直しはできないので、選ぶポイントを掴んでおくことも必要です。どのような外壁塗装や屋根塗装をするのか、理由やテーマを考えておくことです。

埼玉には緑が多く自然豊かであるため、環境に適していて他の住居と協調できるように考えると決まりやすくなります。好みとはいえ奇抜な色を選んでしまうと環境に馴染まず、周囲の家からも浮いているように見えてしまい、塗装を失敗してしまう可能性があります。

ほとんどの業者において塗装で色選びについては見本を見せて参考にしながら塗料の色を決めますが、見本が小さくて実際に塗装してみると希望とは全く異なってしまう場合があります。相談をする場合には大きな面積のある板や金属に直接塗装したものを見せてもらったり、試験塗装ができれば依頼して見せてもらってから検討をして、塗装した時の様子や乾燥具合を確認してから依頼をすると、おしゃれに塗装が仕上がります。

屋根塗装や外壁塗装に最適ではない色は避ける

屋根塗装や外壁塗装に合わない色は、可能な限り避けることです。特に屋根塗装には向かない色は、白系の塗料をつかった塗装で、埼玉は自然が多く豊かですがその分ちりやほこりが多く、屋根にも付着しやすいのでくすみが出やすく、変色を起こして汚れが次第に目立つようになります。

また屋根は簡単に清掃できる場所ではないので、塗装向きとはいえません。しかし遮光性が高いので、熱を遮る目的で塗料の色として選ぶのであれば効果は期待できます。さらに別の色として赤系の塗料を使って塗装すると、色が早く褪せてしまい、塗装を依頼した際にイメージとはかなり差があって色が違うと感じる場合があるので、塗装向きではありません。

青系の塗料も赤系の塗料と同様で、原色に近いほど早くに色褪せを起こしてしまいます。埼玉にはビル街は少ないため家を建てた場合も太陽光を直接受けやすく、家の中に熱がこもってしまう場合があるので遮光性ができるように配色を考えることが重要です。

カラーシミュレーションと見本の両方を活用する

埼玉には色選びが簡単にできるように、カラーシミュレーションができるソフトを活用して相談を受けてくれる業者もあります。

塗装の参考にするためにカラーシミュレーションでイメージに近くなるように探してから金属片や木片などに塗った塗料の様子を見て確認することで、くぼみや凹凸などの様子を確認することで希望通りの塗布が可能になります。どうしてもカラーシミュレーションを扱っている業者が見つからない場合は近辺にある居住を見て回り、自宅と構造が似ている住居を参考にして自宅の屋根塗装や外壁塗装について検討すると選択しやすくなります。

また塗装は屋根と外壁との色の組み合わせを考慮することが必要です。屋根には黒系や茶系、灰色系や緑系は汚れても目立つことが少なく、他の色と合わせやすい色と言えます。

さらに屋根の塗料の色については明るめに配色しないで、あえて暗くなるように選んで塗ると失敗がなく、また手入れも手軽に済ませることができます。屋根塗装のみの配色を考えず、外壁との配色も考慮することで希望通りの塗装が可能になります。

 

塗装は一度行うとやり直しができないので、失敗を避ける対処法としては事前に行う色選びの他に、カラーシミュレーションを行って配色に間違えはないのかよく確かめることです。また色選びを行う時も何故今回塗装をするのか、テーマは何か決めておくことが色選びをうまく活かせるポイントとなります。

サイト内検索
記事一覧