埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

埼玉で外壁塗装・屋根塗装の業者を一括見積もり!見積もり内容のチェックポイントは?

埼玉で外壁塗装・屋根塗装を業者に依頼するのであれば一括見積もりを行うのがおすすめです。一括見積もりを行ったら金額だけをチェックするのではなく、その内容をしっかり確認するようにしましょう。

今回はどのようなことに注意して見積もりをチェックしたらいいのかを紹介します。見積もりをしっかりチェックして最適な業者を選んで下さい。

使用する塗料がすべて同じランクになっているか確認

埼玉で外壁塗装・屋根塗装で見積もりを依頼した際にどのようなところをチェックしたらいいか知っていますか。

まず使用する塗料のランクがすべて同じものになっているかをチェックすることが大切です。外壁塗装・屋根塗装では、雨戸や破風、雨どいなども一緒に塗装することになります。その時これらの塗装箇所に使われている塗料のランクが、外壁塗装・屋根塗装で使われている塗料と異なるランクのものだと後々面倒なことになってしまう恐れがあります。

なぜ面倒なことになってしまうかというと、塗料の耐用年数はランクによってそれぞれ違うからです。外壁塗装・屋根塗装の塗料は耐用年数が10年もつのに、雨どいや雨戸の塗料は5~6年しかもたないものだと外壁や屋根はきれいなままなのに雨どいや雨戸は塗料が剥げた、ちぐはぐな家になってしまいます。

そうなると5年程度、そのような状態のまま我慢しなければならなくなってしまうので、使用する塗料はすべて耐用年数が同じランクのものを選ぶようにしましょう。

3度塗りになっているか確認することも大切

他にも、埼玉で外壁塗装や屋根塗装を行う場合、塗装が3度塗りになっているかを確認することが大切です。外壁塗装は3度塗りを行うことが基本となっています。

はじめに行う塗装は、上に塗る塗料が付きやすくするための下塗りです。次に中塗りを行い、最後に上塗りを行います。中塗りと上塗りは同じ塗料を2回塗ることになります。そうすることによって塗料の能力を最大限に発揮することができます。3度塗りを行わないと耐用年数の半分くらいしかもたないこともあるので注意しましょう。

したがって見積書を確認する場合は、3度塗りになっているか確認することがポイントになります。見積り金額が他に比べて安い場合、下塗りや中塗りを省いて1度塗りのみを行っているケースがあるからです。

そのような悪質な業者を利用しないためにも、見積もりはしっかり確認することがポイントになります。他にも、塗装箇所がすべて記入されているかどうかを確認することも大切です。

ケレンの項目があるか確認しよう

ケレンという言葉を知っていますか。ケレンとは古くなった塗膜を剥がしたり錆を落としたりする工程のことです。手で直接剥がしたり、電気工具を使用したりすることもあります。埼玉で外壁塗装・屋根塗装の見積もりをチェックする場合、このケレンが項目に含まれているかどうかを確認することも大切です。

この工程は手作業で行うととても時間がかかるものですが、これを省いてしまうとどんなに良い塗料を使ったとしてもすぐに落ちてしまいます。塗装業者の中には人件費削減や工期短縮のためにこの工程を省いているところがあります。したがって見積書をもらったらケレンの項目があるかを確認するようにしましょう。

特にトタン壁や屋根、雨戸などはケレンが必須です。 複数の塗装業者に見積もりを出した場合、塗装面積を比べることがポイントになります。塗装面積は業者によってそれぞれ異なるからです。外壁や足場、養生などがすべて同じ面積になっている業者も、適当に見積もられている恐れがあるので避けた方がいいでしょう。

 

埼玉で外壁塗装や屋根塗装を依頼した場合の、見積もり内容のチェックポイントを知ることができたでしょうか。

このような確認をすることによって、より良い業者を選ぶことができます。業者をしっかり選ぶことによって、きれいな外壁と屋根を手に入れることが可能です。

サイト内検索
記事一覧