埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装が不向きな季節や時期はある?

効率的に外壁塗装を実現したい場合には、適切な環境と季節を理解して最適な状況において依頼をした方が良いです。

状況が整った時期に外壁塗装を実現することができれば、仕上がりがとても綺麗になり耐久性に関しても向上します。

 

 

 

 

雨の多い季節に依頼すると作業期間が長くなる

基本的に外壁塗装では複数の工程が存在しており、外壁の修繕を実施してから洗浄を行って、塗装作業を複数の工程に分けて施し各種の塗料を定着させることで作業が完了します。

これらの工程は色々と繊細な作業が必要になり、外部からの影響がない状態で実施することが必須です。

結果的に雨が降っているような状況では高圧洗浄以外の各種の作業を行うことが困難とされており、通常雨が降っている日には作業を休むことになります。

また作業を進行している最中に雨が降り出した場合には、その場で作業をストップして、雨が止むのを待つことが多いです。

そのため雨が多い季節に塗装工事を行うと、作業期間が長くなってしまいます。

特に作業を行う範囲が広い規模の大きな施設を塗装する場合には、計画性が重要になってくるので、雨の多い時期は色々とデメリットが大きいです。

スムーズに作業が進行するように依頼をしたい場合には、雨の多い季節に依頼をすることは避けた方が良いでしょう。

温度が高すぎると色々と難しい状況に陥る

外壁に塗装を行う場合には高所での作業となり、高いレベルでの安全対策が必要になってきます。

そのため真夏の作業は困難になることが多く、高いレベルで集中力を保つことが難しいケースもあるので、作業スタッフが快適に塗装作業を実施できる時期を選択して依頼を行った方が良いです。

真夏の作業は単に作業スタッフの集中力が低下するだけではなく、物質的なデメリットも存在します。

通常各種の塗装作業では塗料を壁に馴染ませる時間が重要で、作業スタッフはタイミングを図って適切な形で塗料を塗っています。

ですが高温多湿の状況での作業は、塗料の管理が難しく普段のクオリティーを維持することができないこともあるので、仕上がりに影響を与えることが多いです。

ただ温度が異常に高い状況が継続的に続くようなことがなければ、しっかりと高い品質を保って作業をすることが可能なので、温度が高温になってしまうような状況でなければ、リスクを抱えることなく依頼をすることができます。

雪が降っている状況では基本的に作業不可能

気候的な影響を受けやすい外壁塗装ですが、雨と同様に作業が困難になってしまうのが雪です。

雪が降っている状況だと塗料を壁に適切に塗り込むことが不可能で、洗浄作業や壁自体の修繕作業もクオリティーを高めて実現することはできません。

また雪は一度降ってしまうと継続的に残存してしまい、雪自体が降っていなくても影響が残ってしまうので、スケジュールを計画通りにこなすことができなくなってしまいます。

これらの事情を考えると雪が降る可能性が高いような季節は、一定のリスクが存在していると考えた方が良いでしょう。

雪が降っていなくとも、5℃を下回っている時は塗料に影響がでるので、塗装ができません。冬場の寒暖差がはげしい時も浮きや剥がれを起こしやすいので塗装は不向きです。

 

外壁の塗装作業は高度な技術と集中力が必要になるので、作業スタッフが快適に仕事をできるような時期に依頼をした方が良いです。

雨や雪などの外的な要因は直接的に塗装作業に影響を与えてしまうので、クオリティーを高めて作業を実施してもらいたい場合には、晴れが続くような時期に依頼をしましょう。




サイト内検索
記事一覧