埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

埼玉の外壁塗装・屋根塗装で人気の色は?おすすめの配色・色選び

家屋の耐久性を維持するためには、定期的に外壁を塗装することが必要です。

しかし、塗装の色によってイメージも変わってしまうのでどんなカラーでもいいというわけではありません。

一度塗ると次の塗り替えまで10年程度は変えることができません

その時の気分でカラーを選ぶと失敗したり、思わぬトラブルが起こったりします。

埼玉での外壁塗装・屋根塗装は色選びの段階でしっかり検討することが大切です。

埼玉で人気があるのは無難なナチュラルカラー

埼玉の外壁塗装・屋根塗装の中でも人気があるのはベージュ系・グレー系・クリーム系・茶系です。

無難なカラーで周辺の景観にも調和しやすいのが人気です。

どれもシンプルですし飽きのこないカラーとして好評です。

特に希望するものがない時は、風水を参考にして決める方法もあります。

自分・家族を常に包んでくれる外壁のカラーは、風水の効果が強いと言われています。

オフホワイトは、愛情豊かで仕事熱心な気持ちにしてくれるので仕事や家庭が順調となります。

浄化作用もあるので悪い気を落としてくれます。

茶色は、堅実で信頼感を象徴するカラーです。

安定感を与えるので精神的にも落ち着き、安泰した家庭になると言われています。

南西の方向へ使用することでより効果を発揮します。

緑は、発展や成長を意味します。

貯蓄能力・仕事運・不動産運が上がると言われているカラーです。

リラックスしたいときにも効果があります。

水色は、若さは勤勉さを表す色と言われていて全ての人に幸福をもたらし、人間関係も良好になります。

ビジネス運にも期待できます。

外壁塗装・屋根塗装の色の素敵な組み合わせは

白×黒のようなコントラストがはっきりしている組み合わせは、スタイリッシュで洗練された雰囲気を醸し出します。

しかし、おすすめとなるカラーは同系・彩度が同等のカラーの組み合わせです。

例を挙げると、ブラウン×ベージュ・オレンジ×ベージュ・緑×白・グレー×白などがおすすめで、調和も取れて家の雰囲気にまとまりも出ます。

外壁は雨や風などにさらされているので、汚れやすいです。

外壁へ付着するのは、砂・ホコリなどの黄土色系の汚れや、苔や黴などの深緑が混じっている薄い茶色の汚れです。

この汚れにも同化しやすく目立たない色はズバリ、グレーです。

薄いブラウンやベージュ系・アイボリーも同等の効果を発揮します。

それとは逆に汚れが目立ってしまうのは白や黒です。

原色の赤や青は色褪せが起こりやすく、汚れも目立ってしまうので気をつけましょう。

無難なカラーとして人気があるのは、ベージュ系です。

外壁や屋根は近隣と調和するような飽きのこないものが推奨されます。

最も無難なのはベージュ系・グレー系が良いです。

奇抜ではなく薄いものにすることで、高級感や上品さも出すことができます

外壁塗装・屋根塗装以外の各部位の配色をコーディネートする

軒天(=軒裏天井)とは屋根の真下部分にある壁のことで、外壁から外側に出ている屋根の裏側になります。

この部分は日が当たらないので、イメージも暗く見えてしまいます。

立体感がある家を演出するためには、影になることを前提として薄めのカラーにします。

白を使うか、外壁よりも薄めのカラーにすることによって、ハイライト効果もあり室内から見ても外が明るく見えます

雨どいをアクセントに使う方法もありますが、外壁と同系色にして雨どいの存在感を消してしまう方が無難に仕上がります。

とはいえ、白は劣化が目立つというデメリットもあるのでよく考えた方が良いでしょう。

ひさしは外からは屋根として見える部分です。

屋根と同じカラーにすることもできますし、サッシに合わせると家にまとまりが出ます。

また、雨戸のカラーはサッシに揃えることで、統一感がさらに生まれます。

破風板(はふいた)というのは屋根と外壁の間にある部分のことですが、屋根の下や横から風が吹き込んでも、これを防ぐ役割があります。

屋根と同カラーにすることで、家全体に一体感が出てきます。




サイト内検索
記事一覧