埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装を一面のみするメリットとデメリットとは?

埼玉県で外壁塗装・屋根塗装を考えている場合、さまざまな塗装の仕方が考えられます。

例えば、一面だけ塗装することも可能になるでしょう。

この場合、一体どのようなメリットがあるでしょうか。

また考えられるデメリットはどのようなものでしょうか。

 

一面だけ塗装するメリットとは何か

外壁塗装する場合、一面だけ塗装する人もたまにいます。何らかの理由があるため一面だけ塗装しているわけですが、この場合に考えられるメリットの一つが、お金があまりかからないことでしょう。

外壁塗装を全体的におこなえば、100万円前後のお金がかかることも決して珍しくありません。ある程度金銭的に余裕がある家庭であれば問題ありませんが、そうでない場合には大きな負担になりうるでしょう。

そこで、一部分だけ塗装することで金銭的な負担をなくすわけです。ただ、その面の部分に何か問題がある場合にそのような塗装の仕方をする必要があります。よくあるパターンは北向きを塗装することです。住宅は東西南北の中で一番汚れやすいのが北向きになります。

実際に、建築から5年ないしは10年程度経過した住宅の外壁を見てみると、なぜか北の方角だけ外壁が汚れていることが考えられます。これは、苔などが発生している可能性があるため汚れているように見えるだけです。北向きは、基本的に太陽が照りませんのでコケが繁殖しやすい場所といえるでしょう。

しかも、地面の部分がコンクリートや砂利でなく土の場合には、緑色になりやすい傾向が見受けられます。この場合、汚れている一部分だけを塗装することにより、その部分をきれいに見せることができ清潔感を出すことが可能です。

クラックが発生した場合も一部分だけ塗装すると良い

もう一つのメリットは、クラックが発生してしまった場合です。クラックとは何かといえば、ひび割れのことをいいます。ひび割れが発生するとどのような不都合があるかを理解しておくとよいでしょう。

一番の不都合は、すき間に雨水が入ってしまい外壁の状態が悪くなるだけでなく壁の内側に水が入ることでシロアリなどが発生する可能性があることです。このような状態が続いていくと、次第に住宅の老朽化が早まってしまう傾向にあります。ほかの部分に関しては問題ないのに、一部分のためだけに全面的に塗装するのは非常にもったいないといえます。

そこで、あえて一部分だけ塗装することで穴をふさぐことができる上に、見た目もきれいになります。当然金銭的な負担も少なくなるでしょう。

どのようなデメリットが考えられるか

一面だけ外壁塗装・屋根塗装をするときのデメリットがあるとすれば、それはほかの部分が劣化した場合もう一度塗装しなければならないことです。つまり、もう一面に関してはほかの部分を塗装するときにもう一度塗装することになるため2度手間になってしまう可能性があるでしょう。

もちろん、1部分だけ塗った場合にはその部分を塗り直さない方法もあります。ですが、そうするといつまでも塗装の時期にずれが生じてしまいすでに2度手間になることが考えられます。これを解決するためには、一部分だけ塗る場合比較的耐用年数の長い塗料を使っておくことです。

例えば、フッ素系塗料を利用する場合は20年間長持ちをします。ほかの部分は15年ほどの耐用年数がある塗料を1部分だけ塗ったときから5年後に利用することで、次に塗り直すときちょうど塗り直す時期が統一されるため一度に塗り直すことができるでしょう。

 

外壁塗装・屋根塗装をおこなう場合には、一面だけ塗る方法もあります。この場合のメリットは、クラックが発生した場合にもあるいは汚れが発生した場合にもあまりお金をかけずに解決をすることができる点です。

これにより、金銭的にあまり大きな負担をかけたくない場合にも安心でしょう。デメリットがあるとすれば、ほかの部分と塗装するタイミングのずれが生じてしまうことです。この点もよく理解しながら一部分だけ塗装すると良いでしょう。




サイト内検索
記事一覧