埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装で使う水の水道代は誰が負担するの?

公開日:2023/01/15  最終更新日:2023/01/13


埼玉県で外壁塗装・屋根塗装を行いたいと考えている方はいませんか?外壁塗装の工程に、は高圧洗浄があります。高圧洗浄の際にかかってしまう水道代ですが、実際に支払うのは一体誰なのでしょうか。本記事では外壁塗装・屋根塗装前の高圧洗浄にかかる水の料金について説明します。

高圧洗浄は外壁塗装に欠かせない工程

高圧洗浄は、高圧洗浄機を用いて高圧にした水を噴射して外壁に付着している汚れを洗い流す作業です。

高圧洗浄を行う主な理由として、
①外壁塗装を綺麗に仕上げる
②塗装の耐久性を上げること

洗剤を使わず水で外壁の汚れを取れるのか疑問に思う方も多いと思いますが、実際にはほとんどの汚れが取れます。

外壁塗装を綺麗に仕上げる

外壁に塗料を塗る前に、かびや藻などの外壁に付着した汚れを落とす作業が必要です。また、表面に付着した汚れだけではなく、塗り替え前の塗膜を外壁から取り除くことが重要です。塗膜を綺麗に落とすことで、新しい塗料を塗った時に塗料が定着しやすくなり、外壁が綺麗に仕上がります。

外壁塗装の耐久性を向上

外壁や屋根に塗膜が付着したままの状態で新しい塗料を塗ってしまうと、早い段階で外壁に新しい塗料が定着せずに剥がれていきます。高圧洗浄にはストレート噴射・トルネード噴射・バイオ洗浄の3種類の洗浄方法があり、外壁の汚れ具合に合わせた洗浄を行います。

汚れ具合に合った洗浄方法でより塗膜を落とすことで、外壁塗料の耐久性がさらに上がります。外壁がはがれてしまうと塗装のやり直し、余計な費用と時間がかかります。これらのことから、高圧洗浄の工程は外壁塗装を行う際に欠かせない工程の1つといえます。

外壁塗装で使用する水の料金は誰がどのくらい支払う?

外壁塗装前には高圧洗浄による外壁の洗浄が必要だということがわかりましたが、洗浄時に使用する水の料金は一体誰が支払うのでしょうか。また、水道代はどのくらいプラスにかかるのでしょうか。

水道代の支払いは自分

高圧洗浄時に使用した水の料金は、施主である自分自身の負担が基本です。家の蛇口を使用して洗浄を行うため、通常の月々の水道料金に加えて高圧洗浄で使用した分の水道料金の請求が後日届きます。使用する高圧洗浄機は、家庭で使用する高圧洗浄機と違ってエンジン式の強力なタイプなので、最大吐出水量が多く、使用する水の量もグンと増えます。

負担する水道料金はいくら?

高圧洗浄にかかる水道料金は家の大きさで変わってきますが、おおよそ1,000~2,000円程度といわれています。高圧洗浄の際には水道から水をバケツに溜め、機械で水を吸い上げてから圧縮、噴射します。高圧洗浄の作業時間は平均5~8時間ほどで終わるので、2,000円以上かかることはありません。地域によって異なりますが、高圧洗浄を行った日から1~2か月後の水道料金の請求が普段より1,000~2,000円ほど高くなるので覚えておきましょう。

外壁塗装で使う水道代は必要経費!

外装塗装の際の水道料金は必要経費として計算しておきましょう。

水道を使用する場面は主に2つ、
①外壁・屋根への高圧洗浄
②塗料の希釈

作業を効率よくするために水は出しっぱなし

高圧洗浄を行う際には大量に水を使用します。それは、塗装に充分な洗浄を効率よく行うため。バケツやタンクに水を溜める時に水道を小まめに止めたり出したりすると、屋根から一度降りたりと、手間がかかってしまい作業の効率を落とします。外壁に付着しているかびや藻などの汚れや塗膜を落とすためには水は必須なので、水を出しっぱなしにしていても無駄遣いにはなりません。

塗料の希釈にも水を使用

外壁塗装で使われる塗料は希釈が必要です。塗料は適切な希釈率で伸ばして使用することで、塗料の効果を最大限に発揮します。希釈率は5~10%とそこまで高くないので水道料金の負担が多くなることはほとんどありません。

まとめ

外壁塗装・屋根塗装の際に高圧洗浄は必要な工程です。理由は外壁の塗装を綺麗に仕上げることと、耐久性を上げるため。高圧洗浄を行うことにより塗膜やかび、藻を落とすことで、新しい塗料がより定着します。洗浄を怠って塗膜が外壁に残ってしまうと、せっかく新しい塗料を塗っても、古いものと一緒にはがれる可能性が出てきます。高圧洗浄は家の水道を用いて行うので、洗浄時に使用した水の料金は自腹となります。2,000円程度で1回きりなのでそこまで負担は大きくなりません。外壁塗装と屋根塗装にかかる水の料金は別途必要なものとして、初めに計算しておくことが大切です。

サイト内検索
記事一覧
その他の外壁塗装・屋根塗装業者