埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装に使用される塗料の種類と特徴は?

住宅の外壁は少しずつ老朽化してくるため、大切な住宅を長持ちさせるためには、定期的に外壁塗装工事を行う必要があります。

埼玉の専門業者のスタッフは、事前に申し込んでおくと希望の日時に現地調査をしてくれます。

外壁の塗料にはいくつかの種類があり、費用を抑えたい場合、耐久性や断熱性、防水性に優れた塗料を選びたい場合などで使用する塗料が変わります。

シリコン素材は耐久性に優れています

住宅の外壁は築年数を経過している場合はもちろんですが、台風や大雨などの自然災害の多い地域では、比較的築年数が浅い場合でも老朽化が進んでいる可能性があります。

外壁にカビや藻などが付着していたり、ひび割れなどがある場合は、早めに埼玉の専門業者に相談をすることが大事です。

降水量の多い地域で住んでいる場合は、あまり安い塗料は使用したくない人が多いですが、あまり高額な商品は避けたい場合はシリコン素材がおすすめです。

シリコン素材はフッ素の塗料に比べると、費用を抑えることが出来ますし、耐久性や防水性、断熱性に優れているため、幅広い年代に人気があります。

以前は主流だったアクリルやウレタンなどの場合は、6年~8年ぐらいで塗り替えが必要でしたが、シリコン素材の場合は10年~13年ぐらいはきれいな状態を保てるのが特徴です。

 

塗り替えのサイクルを伸ばしたい人にはフッ素の塗料が人気

外壁塗装の施工を行うことで家の外観を美しく保ったり、遮熱性や断熱性、耐震性を高める効果があるため、風雨や紫外線から大切な住宅を守り、家の寿命を延ばす効果があります。

多少はお値段が高めでも耐久性に優れた素材を選びたい場合は、フッ素塗料がおすすめです。

足場や養生シートで数週間家を囲われるのはなかなか不便なものです。それらをできるだけ回避したいなら、耐候年数の長いフッ素を選ぶのも一つです。

外壁の塗料にはいくつかの種類がありますが、遮熱性の高い素材を選ぶと冬は暖かく、夏は涼しく快適に生活が出来るようになります。

埼玉の専門業者では、専門的な知識を持ったスタッフが在籍をしているため、予算や用途に合わせた商品を提案してくれます。

作業を行う前に見積もりを表示してくれるので、安心して依頼できます。

 

住宅の外壁は築年数を経過している場合はもちろんですが、自然災害の影響を受けると築年数の浅い物件でも、老朽化が進んでいるケースもあります。

住宅の外壁の塗料は豊富な商品が揃っているため、埼玉の専門業者に相談をしてみると良いでしょう。

耐久性や防水性、遮熱性に優れた商品を選びたい場合は、シリコン素材やフッ素塗料などがおすすめです。

住んでいる地域の降水量や日照時間、住宅の大きさによっても、最適な外壁の塗料が違ってきます。




サイト内検索
記事一覧