埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装・屋根塗装を格安で!費用を抑えるためのコツ

公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/11/24


家をきれいに長持ちさせるためには、外壁塗装・屋根塗装が欠かせません。塗料の種類にもよりますが約10年に一度の塗り替えを行うことが、家の外側だけでなく内側の劣化もおさえて長持ちさせるためのポイントです。埼玉で費用を抑えて格安で外壁塗装と屋根塗装をするためのコツを知り、計画的なメンテナンスで大切な家を守りましょう。

劣化が進む前に定期的に外壁を塗り替えよう

家は毎日のように雨や風、紫外線など過酷な自然環境にさらされています。埼玉は、夏にはとても暑くなり冬の寒さも厳しいため、外壁や屋根は高温や低温となり、温度差にさらされている状態です。

外壁や屋根は過酷な自然環境から家の内部を守る役割を果たしていますが、外壁や屋根自体が劣化してしまうと家の内側を守る機能が低下し、雨などの水分が内側に入り込みやすくなり時間の経過とともに内部にまで劣化が広がっていくようになります。

塗料の種類や耐久性にもよりますが、一般的に10年前後に一度の塗り替えを行うことで、家の外側を包み込むように守る働きを維持できるといわれています。定期的なメンテナンスをすることによって、外壁や屋根の表面で水分をはじき、内側を守る機能を維持できることに加え、早めに劣化している部分を見つけて修理をすることにつながります。

適切なタイミングで外壁塗装や屋根塗装を行い、必要な修繕を行うことで、お金のかかる大規模な修繕や交換を防ぐ効果があるため、長い目で見ると費用を削減する効果が期待できるということになります。

外壁塗装と屋根塗装を同じタイミングで行う

外壁塗装や屋根塗装をしたことがある人や見たことがある人ならわかると思いますが、どちらも施工する場合には、足場が必要です。外壁塗装・屋根塗装を考えている時には、塗装自体の料金が気になるものですが、1回の費用を抑えるために別々に施工すると、足場代が2回分かかることになります。

外壁と屋根のどちらも10年に一度の塗り替えを行う場合に、5年間ずらして行うと一度に支払う料金を抑えることができるというメリットはありますが、両方の足場代を支払うことになるというデメリットもあることを覚えておきましょう。足場代は、設置する家の大きさや高さによって値段が異なります。

つまり大きな家であるほど、まとめて塗装することによって節約効果が高いということです。埼玉の一戸建ては比較的大きな家が多く、足場代もまとまった金額になるので、外壁塗装と屋根塗装を同じタイミングで行う方が、外壁塗装と屋根塗装を別々に行うよりも格安でできる可能性があるということになります。

外壁塗装の料金を比較して選ぶときのポイント

外壁塗装・屋根塗装をするときに、チラシやインターネットなどの価格を見て安いところに依頼する、という人もいますが、料金を比較してから選ぶ時にはきちんと見積もりを取って比べることが格安な会社を選ぶための大切なポイントです。

チラシやインターネットで公表されている価格は、安い塗料を使用して小さな家を施工する場合の金額を掲載している場合があり、もともとの設定が会社によって異なります。また、自分の家の場合になると料金が高くなることもよくあるため、比較をするなら自分の家の場合の見積もりを取らなければそもそも比較にならないのです。

埼玉には、多くの外壁塗装・屋根塗装の会社があるので、見積もりを取ることで格安な会社を選ぶことができる地域です。

選ぶ時には、格安さをアピールするために安い塗料をすすめる会社ではなく、耐久性や機能性などもきちんと説明してくれて、長期的なメンテナンスコストも踏まえて自分の家に最適な塗料を教えてくれること、見積もりに内訳も詳しく書いてあることなどを確認することがポイントです。

同じ条件で見積もりを取ると、比較がしやすくなり同じ条件で格安の会社を選ぶことができます。

 

外壁塗装・屋根塗装は、安い金額ではないので格安の会社に依頼することが費用を抑えるためのコツです。安くても耐用年数が短く、頻繁な塗り替えが必要となったり、満足のいく仕上がりではないと後悔したりすることになるかもしれません。埼玉で外壁塗装・屋根塗装を格安で行うためには見積もりを比較し、長期的なメンテナンスコストのことも理解した上で選ぶようにしましょう。外壁塗装と屋根塗装を同時に行って、足場代を節約することも効果的です。

サイト内検索
記事一覧