埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装の契約で注意すべきポイントとは

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/08/17


トラブルが多いと言われる外壁塗装。契約する前、契約時に注意するべきことを認識してチェックするだけで大幅に遭遇する確率を減らすことができます。ここでは、期間契約前に不安や疑問をなくしておくこと、支払い方法について、塗装業者の態度について、アフターフォローや保証について解説していきます。

期間契約前に不安や疑問をなくしておこう

外壁塗装はトラブルが多いと言われます。その理由は、外壁塗装に業者として参入するのに特別な資格や免許が必要ないことが挙げられます。特別な資格や免許が必要ないということは、簡単に言えば「誰でも商売ができる」ということになります。すべての方がそういうわけでは当然ないですが、専用の資格や免許について勉強していない方は、その商売に関する知識や経験、見えない事情に疎いことがあります。

これは、施工、商品の説明、アフターフォローなどの対応に影響することが多いです。顧客は、業者と比べれば圧倒的に外壁塗装に関する知識、施工に対する理解度が不足しています。これを埋めるために、施工や商品の説明を要するのはいうまでもありません。

ただ、上記の通り、業者の質は千差万別ですので、事前に「作業手順」「商品の種類」「塗料の耐用年数」などの基本的な知識は身につけておくことをお勧めします。その上で、疑問があれば業者に徹底的に確認するのが賢い顧客のあり方であり、自身を守ることにつながるのです。

支払い方法を確認しよう

外壁塗装は、基本的に成果に対してそれに見合った報酬を払うという認識で良いでしょう。それゆえ、作業後後払いが基本です。成果を見ずにお金を払うことは非常に危険なことです。後から不備を見つけたとしても、前払いですべてお金を払ってしまっては、業者に逃げられたり、ろくな補修をせずに終わらせてしまったりする可能性があります。それゆえ、支払い方法が後払いになっているか確認するようにしましょう。中には一部先払い、手付金などの名目で先払いを行っている業者もあります。

塗装業者の態度もチェック!

なんだかんだ言って塗装業者の態度は非常に重要です。上記の通り、外壁塗装は雑多な人間が存在する業界です。優良な業者もいれば悪徳業者も存在します。会社として管理ができていない業者は職人の態度も総じて悪いです。中には控えめに言ってもプロの職人ではないだろうという疑問を抱かせる職人を抱える業者も多くいます。「敷地にタバコを捨てる」「作業時間を守らない」「近隣に配慮せず、大声で話したり、ラジオを大音量で流したりする」などの業者は特に要注意です。

そのような業者は施工や商品の扱いについても雑である傾向が強いです。また、営業担当と施工をする業者が違うこともあります。「営業担当は親切で良かったのに、施工する職人はヤンキーみたいな横暴な態度」と言ったこともあります。そのような不安を解消するには自社一括施工などの磁場に根差した業者を選択すると良いでしょう。

アフターフォローや保証も確認しよう

施工が良くても、人間のすることですからミスや不良が出ることも想定されます。その事態に対応するのがアフターフォローや保証です。なぜなら「施工後の責任は一切負わない」などの文言を契約書に平気で盛り込む業者もいるからです。必ず契約書の段階でアフターフォローや保証が充実しているか、文言に問題はないか確認しましょう。

まとめ

期間契約前に不安や疑問をなくしておくこと、支払い方法について、塗装業者の態度について、アフターフォローや保証について解説してきました。契約書は作業前の最後の砦です。契約書にハンコを押してしまった後に対応できることは限られてきます。くれぐれも契約時には上記のことをしっかりと確認して、疑問や不安がない状態で契約するようにしましょう。上記を参考に、満足のいく外壁塗装の契約ができるよう備えておきましょう。

サイト内検索
記事一覧