埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

手軽に手に入れられる「アクリル塗料」とは?

住宅の塗装に使われることも多いアクリル塗料とは、どのような塗料でどういった性質や特徴があるかご存じでしょうか。この記事では、アクリル塗料住居用に使用する場合のメリットやデメリットを含め、どんな塗料か、他の塗料と比べて何が違うのかを説明をします。

アクリル塗料は安価に購入できる外壁用塗料の一つ

アクリル塗料とは、安価で購入できる住居用塗料の一つです。なぜ、安価で購入できるのかというと、現在主流となっているシリコン塗料やフッ素塗料などと比較すると古い塗料であることが挙げられます。アクリル塗料はシリコン塗料やフッ素塗料寿命よりも寿命が短いため、メンテナンス頻度が高くなります。

そのため、お手軽な価格帯にて購入できるのです。しかし、塗料メーカーはアクリル自体の改良を行っており、寿命が長いアクリル塗料も存在しているため、必ずしも安い塗料とはいいきれません。改良を施されたものは、劣化を抑えるためにアクリルに混ぜ物をして溶剤で溶かし、塗料の液性を水が混入しても使用可能な油性にしているものもあります。

その場合、性能が向上しているため塗料の寿命が延び、メンテナンス頻度は少なくすみます。寿命が延びているアクリル塗料は価格がやや高くなりますが、それでも他の塗料と比較すると安価です。扱い方は従来のものと変わらない製品が多いため、改良されているからといって特別な処置が必要というわけではありません。

アクリル塗料は扱いやすさが売りの塗料で多くはそのまま使用可能

アクリル塗料とは扱いやすさが売りの塗料で、多くは「一液」で使用できます。定着材を混ぜ合わせる必要性がなく、手間や時間を短縮できます。そのまま塗装目的の材料に使用することでき、薄めて使用したり、塗料に定着材を混ぜたりする必要がないので、扱いやすい塗料といえます。

他の塗料の場合、塗料とは別に住居の外壁に密着させるための接着剤の役割となる「定着材」を混ぜ合わせないと使用できない塗料があります。

しかしアクリル塗料は定着材を混ぜ合わせる作業が不要で、塗料が濃い場合においては薄める程度で即座に使用できるのがメリットです。住宅塗装の現場で即座に使用することが可能で、扱いやすく、水溶性の物は水で洗えば乾燥していなければ取れるという特性もあわせ持っています。

アクリル塗料のデメリットは、紫外線に弱いという欠点がある

多くのメリットがあるアクリル素材ですが、欠点もあります。アクリル塗料は紫外線に弱いという弱点があるのです。アクリルは主成分であるアクリルが紫外線により分離してしまうため、ひび割れやクラックといった住宅の外壁に起きて欲しくない問題を生じやすい特徴があります。

そのため、塗料の劣化を防ぐ手法として紫外線を吸収することが可能なものを含ませたアクリル塗料が生まれたのは、弱点を克服させるために生み出した塗装メーカーの知恵であると言ってよいでしょう。

ただし、寿命を長くしたと言っても、メンテナンスは必要で、いずれ太陽光により塗装膜が侵食されれば、クラックを起こしたり、変色を起こしたりするため、完全にアクリルが持つ弱点を克服できたということではありません。

 

アクリル塗料は安価に使用でき、取り扱い時に塗料に混ぜ物をしなくてもよい扱いやすい塗料です。そのため、リーズナブルに住居用の塗料として使用できるというメリットがありますが、それと同時にアクリルにはデメリットもあります。アクリル自体が持つ性質として紫外線に弱いことが弱点となります。

紫外線によって、主成分のアクリル自体が紫外線に弱く太陽の光で塗料が分離していき、ひび割れを起こしやすいという欠点につながってしまいます。

メーカーは改良を重ね、ひび割れや太陽光に強い新たなアクリル塗料を作っていますが耐久性を上げることは難しく、耐用年数は5年~8年となります。他のフッ素やシリコン塗料と比較した場合、シリコン塗料は最大で10年持つことと比較すると耐久性はやや劣ります。

サイト内検索
記事一覧