埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装で使用される水性塗料と油性塗料の違いについて

外壁塗装の依頼をする前にチェックしておきたいのが「塗料の違い」です。塗料の違いは仕上がりの差に大きな影響を与えます。今回は、外壁塗装で使用される水性塗料と油性塗料の違いを詳しく紹介していきます。

水性塗料と油性塗料で違うのは「希釈剤の違い」「塗料の臭い」

従来は塗料の油性塗料のほうが水性塗料よりも優れているといわれていました。しかし最近では水性塗料の耐久性もアップしているため、塗料選びの際には耐久性以外の要素も重要となっています。昔のイメージで塗料を選ぶのではなく、今の塗料の品質の高さにも注目しながら、外壁塗装を考えていきましょう。

外壁塗装に使用する塗料は、塗料の原料の固体を液体で溶かし塗りやすくする必要があります。この液体の希釈剤に何が使われているかで違いがあるのです。油性塗料の場合、シンナーなどの有機溶剤が使われることが多く、水性塗料の場合には水が使われています。

塗料の製造技術が進化したことで水の希釈剤でも耐久性の高いものが登場しているため、専門業者に相談をしながら使う塗料を選ぶことをおすすめします。水性塗料は希釈剤に水を使うことで、塗装をおこなうときにシンナーの強い臭いが気になりません。

そのため、お家の中で過ごしているときも安心してリフォームを進めてもらえます。また、近所迷惑とならないように臭いの対策をしたい方にとっても、臭いが強くない水性塗料は安心感を持てますね。

水性塗料でも雨に濡れて大丈夫

希釈剤が水の塗料を使う際には「雨に濡れても大丈夫なのか」と耐水性を心配する方も多くいますが、塗ってからしっかりと乾燥させれば、雨で塗料が流れていく心配はありません。専門業者は天気が良い日を選び、塗料がしっかりと乾燥するように丁寧に塗装を進めてくれます。

そこで施工日に雨が降った場合はどう対応するのか、事前に聞いておくとよいでしょう。外壁塗装の専門業者の中には、依頼する方が納得して塗料を選ぶことができるように、塗料に関する資料がたくさん揃っている部屋を用意して、説明してくれるところもあります。

アドバイスをもらいながら、住宅に合った塗料の色を選んでいくことができるだけではなく、それぞれの塗料のメリット、デメリットを教えてもらうこともできます。依頼主がイメージしやすいように、実際に色を塗ると見た目がどう変わるのかを見せてくれるなど、展示されているものをチェックできる機会を作ることも大切です。

外壁塗装業者を比較することも必要

安心して依頼できる外壁塗装業者を見つけるために、比較を進めていくことも必要です。トラブルを避けるには口コミ情報のチェックをしておきましょう。口コミ情報をチェックすることで、実績がある業者ならさまざまな情報が入ってきます。よい口コミも悪い口コミも含めて確認すれば安心して依頼できるところを見つけやすくなります。

また、相談しやすいスタッフのいる業者を見つければ、見積もりを出してもらう際に費用の相談もしやすくなるでしょう。水性塗料にも油性塗料にもどちらも良いところがあるため、プロの目線でアドバイスしてくれるスタッフを見つけたいですね。

塗る場所によって塗料を使い分けていく方法もあります。外壁塗装だけでなく、リフォーム全般を受け付けている業者であれば、外壁塗装と一緒に気になる部分をリフォームすることも可能です。建物全体のメンテナンスを考えているなら、幅広いサービスを取り扱う業者を選びましょう。

 

水性塗料と油性塗料の大きな違いは「希釈剤で何が使われているか」という点であり、それぞれ塗料のメリット、デメリットを知ることが大切です。希釈剤が水でも耐久性が高い塗料はあるため、技術が進んでいることにも注目しながら塗料選びを進めましょう。塗料選びに役立つ情報を発進してくれる業者を見つけることで、きちんと塗料の違いを理解してから、住宅に合った塗料を選ぶことが可能です。

サイト内検索
記事一覧