埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装・屋根塗装でクーリングオフ制度が適用される条件

公開日:2021/09/01  最終更新日:2021/05/06


家の寿命を長くするためには、メンテナンスを行わなければいけません。外壁塗装や屋根塗装もその一つになります。埼玉在住の方も検討している方が結構いるはずです。ただ、よく考えないで決めてしまったことで、契約解除したいという方が少なくないのが現状です。そこで、外壁塗装や屋根塗装のクーリングオフ制度について詳しく解説していきます。

クーリングオフができるのはどのような場合なのか

クーリングオフは一度契約してしまったが、高額な費用になるので考え直して契約を一方的に解除できる制度です。外壁塗装や屋根塗装でクーリングオフ制度を利用できるのは、訪問販売や電話勧誘販売などが当てはまります。

つまり自ら店舗に行ったり、業者を自宅に招いて契約した場合は適用されないことになりますが、業者から勧誘した際に利用できることは知っておく必要があります。埼玉の外壁塗装などの業者は訪問販売しているところがあるため、適用されるケースが多いです。

気をつけなければいけないのは、8日以内に申請しなければいけないことです。契約を交わしてから8日を過ぎてしまうと、基本的に適用することができなくなるので、8日の間にしっかり判断することが重要です。8日は基本的なことなのですが、知らないで適用されないケースが少なくありません。ただ、契約書にクーリングオフに関する記載がない場合は、8日を過ぎても適用されることがあります。

訪問してくる業者を100%信じてはいけない

自らリフォームしたいと考えて業者を探すのであれば構いませんが、訪問販売で契約する際は安易に決めるべきではないです。安心して任せることができる業者なのかよく比較検討した上で決めることが求められます。埼玉には様々な業者があることを考えると、コスト面や技術力の高さなどを考慮して、自分に適したところを選ぶことができるかが、トラブルを回避する上で重要なポイントです。

中には悪徳業者が存在しており、そこに引っかかってしまうと大変な思いをすることになります。悪徳業者は契約の相手方に対して誤った情報を教えて、クーリングオフを利用しないように誘導してくる点にも注意です。したがって、言われたことを100%信用してしまうのではなく、自ら情報収集をして判断することが大事です。工事が着工されてからもクーリングオフ制度が利用できるなど知っておくべきことが多々あります。自分だけでは分からないことがあれば、第三者の話を聞いてみてください。

上手く対応できるか不安であれば、弁護士などを利用するべき

クーリングオフが適用できないケースであっても、業者に相談してみて適用できることがあるため、ダメだと諦めてしまうのは勿体ないです。例えば、説明が不十分だったのでクーリングオフが利用できますと言ってくれる業者が稀にあります。 弁護士に依頼して対応してもらうことも有効です。

特に悪徳業者に対応することを考えたら、専門的な知識を持っている弁護士を利用した方が安心です。弁護士に依頼する場合は、クーリングオフなどの契約問題を得意としているところを選ぶ必要があります。弁護士も得意分野と不得意分野があるので、契約問題を不得意な人を選んでしまえば、上手く解決できない可能性があります。

これまでの実績や評判などを確認して、問題をしっかり解決できる弁護士を選んでください。費用の安さだけで決めてしまう方がいますが、そういう選び方は避けるべきです。費用の安さよりも、契約問題をスムーズに解決することの方が間違いなく大事です。

 

外壁塗装や屋根塗装の契約を訪問販売などを介して行った場合、8日以内であればクーリングオフ制度が利用できるため、ちょっとおかしいと感じた場合は利用してみるべきです。埼玉にある業者も良いところだけではないので、本当に信用できる業者に任せるのがベストです。

サイト内検索
記事一覧