埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

埼玉で外壁塗装・屋根塗装をDIYでおこなうリスクとデメリット

埼玉は商業施設、鉄道などの公共事業のアクセスの良さなどから、とてもビジネスに適している土地です。その土地において外壁塗装・屋根塗装をDIYで行った場合、起こり得るリスクとデメリットについて解説します。

自分で外壁を塗装する際起こり得るリスクや問題となるべき事柄に焦点を当てつつ、屋根塗装においても問題とリスクを解決します。

外壁の素材を理解しているかどうかが重要

外壁塗装・屋根塗装を行う際、外壁の素材を理解しているかどうかが重要です。

これは埼玉県に限らず他の都道府県においてもいえる事柄で、特に埼玉においては商業関連の個人店も多いため自分でDIYを行い外壁の塗装を考える方もいるでしょう。ですが、外壁にはさまざまな素材が使用されており、適合する塗料を塗らないと外壁の塗装は失敗してしまいます。

これが、専門知識を持たない人が塗装をする際のリスクと問題です。塗料には引っ付く素材と引っ付かない素材があり、それと平行して、乾燥後色自体が変化をする塗料もあります。塗装前は艶のない色合いの塗料であったが、塗装後も乾燥することで艶が発生する塗料などもあります。

外壁塗装の経験者であれば簡単に外壁の材質を理解し、適切な塗料を使用し、塗装後のイメージを反映して塗料を選ぶことができますが、経験者ではない方はそのイメージと、塗料選びでまず失敗しリスクを冒してしまいやすいため、外壁の材質を理解しているかどうかは重要です。

外壁塗装・屋根塗装を自分でするデメリット

外壁塗装・屋根塗装において自分で外壁を塗装する際のデメリットとしては、仕上がり後の品質がプロの方と比較した場合、非常に悪い出来になりやすいのです。

これは、塗料自体の特性を理解していなかったり、使用する道具そのものが根本的に間違っていたりするなどが挙げられます。塗料の中にはローラーを使用して塗装をするものもあれば、エアブラシを使用して薄く塗り重ねて吹き付けるように塗装を施すものもあります。

吹き付ける塗料の場合、塗料を薄めて使用しますが熟練者の方でなければどの程度薄めてよいかの目安も塗料によって若干異なるため、場合によっては薄めすぎたり濃すぎたりしてしまい、塗料がきちんと外壁や屋根に乗らない、または塗料が薄くて色が違うといった問題がデメリットとして表面化します。

このように、塗料に関してある程度熟練された技術というものがDIYをする方には無いため、外壁塗装や屋根塗装においては失敗しやすい傾向にあります。

DIYは失敗しないという前提であること

DIYはきちんと外壁塗装・屋根塗装ができた場合、デメリットはなく、メリットが表面化します。ですが実際には、その多くはデメリットが後から出てきます。DIYは自分で自ら塗装を行うことで成功した場合、メリットは料金という形でプラスに反映できます。

しかし、成功しなかった場合はリスクとなり、塗装後に問題を抱えるケースが多いのです。例を挙げますと、塗装技術に関して塗料の仕様を理解せずに塗装を施した場合、適合していない素材に塗料を吹き付けてしまったり、塗料を塗ってしまったりすることがあります。

このときに、塗料が剥がれ落ちたり、塗料が塗装を施した材質を侵食してしまったりするという問題が起きます。このようなリスクに対して責任を負うのは塗装を施した側にあり、対処をするのも塗装を施した側です。

その為、DIYのリスクとしては、失敗をしなかった場合リスクとなるものは存在せず塗装代金を大幅に下げることができますが、失敗した場合は多くは再度プロの方に塗装を依頼し費用も発生するということになります。

 

埼玉にて外壁塗装・屋根塗装を自分で行うリスクとしては、失敗をした場合その責任を塗装した側が負うことと、結局は塗料の知識がないとプロの方のようにきちんと塗装をすることができないということです。

その為、失敗後プロの方に依頼して再度塗装を施すこともありますので、失敗をすると再度塗装費用が発生することが、最大のデメリットとなります

サイト内検索
記事一覧