埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

屋根塗装で足場が必要な理由とは?足場を立てないデメリット

屋根は長年雨風や強い紫外線にさらされていることもあり、少しずつ劣化が進んでいきます。

劣化を放置していると雨漏りなどのトラブルも起きやすくなりますので早めに塗装などで対応していきたいところです。

屋根などの高所での作業では足場が組まれることが多くなっています。

ここからは足場がどうして必要になるのか、立てない場合はどのようなデメリットがあるのかを書いていきます。

屋根塗装の依頼を検討している人はぜひ参考にしてください。

 

家の劣化を防ぐために屋根の補修を行おう

家は大切な財産ですが、長年使っていくうちに少しずつ劣化が進んでいきます。

特に屋根は家でも特に大事な部分ですが、高所にあることもあり劣化が進んでいても気付くのに遅れる傾向があります。

屋根は長年、雨風や強い紫外線にさらされており、劣化も進みやすい傾向にあります。

雨漏りが発生すると家の耐久性を大きく落としてしまうことにも繋がりますので、定期的に点検し劣化が進んでいる場合は早めに修繕を行いましょう。

劣化具合は家ごとに違いがありますが、新築から10年を過ぎている場合は点検してみることがおすすめです。

屋根の修理方法としては瓦の補修や葺き替えもあげられますし、スレート屋根やガリバリウム、トタン屋根の場合は塗装で修復を行うことが多くなっています。

塗料にも多くの種類がありますが仕上がりの良さや耐久年数には違いもありますので、じっくり比較して良い塗料を選んでおきましょう。

屋根塗装は高所での作業ということもありますので、作業場所は安全性をしっかりと確保しておくことが大切です。

 

作業の際に足場が必要な理由を確認しよう

屋根塗装の際に足場が必要な理由としては、まず高所での作業をより安全に行うということがあげられます。

屋根はいきなり塗装を進めるのではなく、洗浄や下地処理、下塗りなど様々な作業が必要です。

不安定な状態での作業は危険も伴いますし、せっかくの高い技術力が活かせない可能性もあります。

足場のない場所で作業をすることは作業効率を落としてしまうことになり、工期がより長くなる可能性もあります。

工期が長くなればそれだけ費用も多く掛かることになりますので短期間で作業を完了させるためにも必要と言えるでしょう。

さらに塗装を行う際は養生を行う必要もありますが、足場があれば養生がよりスムーズに行えるようになります。

 

足場を立てない場合のデメリットを知る

屋根塗装の際は足場があるとスムーズで安全な作業が行えるようになります。

それゆえ、多くの現場では足場を組んでの作業が提供されていますが、実際に組むとなるとそれだけ作業も増えますし、工事費用が高くなると考える人もあるのではないでしょうか。

屋根塗装の費用を抑えるために足場を組まずに作業を行うことを選んだ場合、それだけ工事費が安くなるというイメージもあります。

費用が安くなるのはメリットですが不安定な場所での作業となり、作業効率も落ちてしまいがちです。

それゆえ、予定していたより工期が長くなり結局、足場を組んだ場合と金額が変わらない、もしくは反対に高くついてしまうことも考えられます。

そして養生をきちんと行うことで近隣に塗料の飛散を防ぐことができます。

足場がない場合は養生も十分に行えない可能性もあり、そのことで近隣とトラブルが起きる可能性もないとは言えません。

また、職人や近隣への安全を考慮している業者は、そもそも足場を使用しない工事を断るケースがほとんどです。

 

屋根は劣化が進みやすい部分ですので、塗装などで早めに修復をしておきたいところです。

屋根塗装の際は高所での作業となりますので、足場を組んで安全な作業場所を確保しておきましょう。

養生もしっかりと行えるので近隣への塗料の飛散を防ぐこともできます。

組まずに作業を行った場合は作業効率が悪くなる、養生が十分にできないなど様々なデメリットがありますので安全に、スムーズに作業を進めるためにも組んでおくことがおすすめです。




サイト内検索
記事一覧