埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装のサイディング素材の種類

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/01/18


外壁塗装のサイディングにはいくつか種類があり、窯業系や金属系、樹脂系や木質系などがあります。以前外壁塗装の主流はモルタルでしたが、デザインが豊富な窯業系の人気が高いです。外壁塗装と一緒に屋根塗装を依頼すると足場などのコストを抑えることができ、埼玉の業者に相談すると最適な施行を期待できます。

コストを安くできます

サイディングは建物の外壁塗装に使用する外装材で、金属質や木質などの薄い板を並べて壁に張り付けたり、パネル間の溝についてコーキングで埋めると防水加工を施すことが可能です。外壁塗装としてのサイディングは比較的に歴史が浅く、以前はモルタルの塗り壁が主流でした。

現在施工が簡単なサイディングが普及していて、いろいろなメリットがあります。たとえば工期の短さをあげることができ、工場において表面塗装まで行われたパネルを防水の仕上げとして、外壁に貼り付けることが可能です。モルタルのような吹き付け作業のように、現地での作業を少なく済ますことができます。施工時間を短縮できるので、工期を短縮することが可能です。

工事価格の安さも魅力的で、工期が短い上にモルタルのように熟練の技術を必要としません。その分人件費を安く抑えることができたり、外壁材を大量生産できるので原価が抑えやすいという特徴があります。

施工費用全体をかなり抑えることができ、一緒に屋根塗装も利用するとかなり費用を少なくできるでしょう。耐水性に優れていたり、耐天候性に優れており、種類やデザインが豊富です。品質が安定しているなどいろいろなメリットがあるので、埼玉など多くの住宅に利用されています。

防火性や耐震性などに優れています

一般的にサイディングというと窯業系のことを意味します。外壁材においてサイディングシェアは8割以上あり、そのほとんどが窯業系です。普及した理由としては、木目調やレンガ調、ストーン柄やタイル柄、ボーダー柄などいろいろなデザインに対応できるという点です。

主な原材料として、セメントに木質繊維などを混ぜ合わせたものが多く、シェア率はかなり高いです。メンテナンス周期は8~10年ぐらいで、メリットとして初期費用が比較的安くなったり、デザインやカラーのバリエーションが多い点があげられます。

施工が簡単且つ工期が短く、機能性も総合的に優れています。シェアが多いので、対応できる業者は多いのが特徴的です。機能性に関して防火性や遮音性・耐震性などについて優れた性能を持っており、非常に安定感があります。窯業系は吸水性が高く、そのため塗料選定を間違えると水が内部に侵入することになり、季節によって変形したりひび割れかもしれません。

定期的なメンテナンスを行うことによって、きれいな状態を維持できるでしょう。窯業系の中でも生産時において超高耐候塗料を塗布すると、メンテナンス期間を長くできます。シーリングレス加工を施したグレードの高い商品を販売しているメーカーも多く、メンテナンスの頻度を減らすことが可能です。

軽量な外壁材を使って施行できます

金属系サイディングの場合、熱に強く軽量な素材でモダンでおしゃれなデザインに仕上げることが可能です。ガルバ二ウム外壁とも呼ばれていて、ステンレスを素材にして作られています。主な原材料は溶融亜鉛メッキ鋼板やガルバリウム鋼板、アルミニウム合金やステンレス鋼板などで、埼玉でも多くの住宅が利用しています。

メンテナンスの頻度は10年~15年ぐらいで、メリットとしてひび割れや凍害などの心配がなく劣化しにくいです。軽量なのでカバー工法を実現でき、断熱性がかなり高くなっています。金属系のメリットは断熱性が高かったり、耐久性が高い点にあり、断熱性が高いので外の気温の影響をあまり受けません。室中の気温を一定にでき、とくに寒冷地におすすめの材質です。

凍害に対して強いのが特徴的で、凍害は湿気や水分などが侵入して凍結して発生し劣化します。そういった点を防止できるので、寒冷地での耐用年数が長いことがメリットとしてあげられます。金属だから重いのではと思うかもしれませんが、軽量な外壁材になります。外壁材が軽量なので耐震性が上がり、建物の負担が少なくなる仕組みです。埼玉の業者に相談すると、短期間で施行してくれるので便利です。

 

サイディングにはいくつか種類があり、窯業系を選ぶ人が多いですが特徴を知った上で、自宅に合った外壁材を選択することをおすすめします。埼玉の業者では屋根塗装と一緒に施行するところがあるので、費用を大幅にカットすることが可能です。

サイト内検索
記事一覧