埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装・屋根塗装は足場なしでも可能?

公開日:2021/04/15  最終更新日:2021/02/15


作業効率アップや安全性の確保、これらの目的で足場を組み上げることは、外壁塗装や屋根塗装では必須とされます。しかし、埼玉エリアなどの塗装会社の中には、足場なしで施工を行っているところもあり、足場にかかる費用を削減できるメリットがあります。これは無足場工と呼ばれるもので、これから塗装を検討している人には興味深い手法といえるでしょう。

足場を取りつける理由とは何か?

足場は、高所作業を安全にかつ効率よく作業ができるように組まれます。施工具のはしごなどのように場所を変えながら作業するよりも安定性と作業性に優れるため、足場を利用するケースは多いのです。また、足場を組み上げた後は養生を設置することになりますが、養生は周辺の住宅への汚れ・臭いを防ぐ目的で取りつけるものです。

そのため、足場なしで外壁塗装や屋根塗装は行えないのではないかと考える人も多いでしょう。埼玉の中にある塗装会社には、無足場ブランコ工法により塗装を可能にしている会社もあります。足場は必ずしも設置できるわけでなく、設置ができないときなどに無足場ブランコ工法は有利とされているようです。

近年の一戸建て住宅の中には、隣家の外壁との距離が短く、足場を取りつけることが難しいケースがあります。外壁塗装をするときには家全体の外壁を施工する必要があるので、このような状況で無足場ブランコ工法は役立つ存在になるのです。

無足場ブランコ工法とはどのような手法?

足場を設置することなく建物の上(屋上もしくは屋根など)から垂らしたロープを使い、ロープに取りつけたブランコに座りながら作業するのが無足場ブランコ工法です。無足場工法やロープアクセス工法と呼ばれることもあるので、足場なしの外壁塗装や屋根塗装会社を埼玉エリアで探すときは、キーワードを変えながら検索するとよいでしょう。

建物の構造・立地条件などにより物理的に足場の設置ができないときや、道路使用許可の申請が必要なとき、騒音や防犯面などの配慮から足場の設置が難しいときなどに無足場ブランコ工法は有利な手法となります。ブランコはゴンドラなどのイメージから窓清掃の際に使われるものと考える人も多いようです。

しかし、外壁塗装や屋根塗装はもちろんのこと、補修工事や防水工事など幅広い工事現場の中で採用されている方法です。無足場ブランコ工法は足場なしで塗装工事ができる手法ですから、仮設工事費用(足場の設置および解体)がかからないのが最大の特徴でしょう。

足場を組むことができない狭い場所でも作業可能

一般的に、足場を設置するために必要な敷地の距離は60センチ程度といわれています。埼玉エリアの中でも、都市部に近い場所では敷地いっぱいに建物があり、隣家との距離が短い家も少なくありません。

距離が80センチ程度あっても、その中に隣家の敷地が含まれることもあり、この場合は隣家の敷地の一部を借りて塗装工事をする必要があるのです。無足場ブランコ工法は、足場なしで施工ができるため、狭い場所などでメリットを発揮してくれます。

足場があるときと比べ作業性が悪くなるのではと思われがちですが、熟年の職人がいる塗装会社では、足場を設置して塗装するときと同じような感覚で作業をしてくれるので安心です。そのため、埼玉エリアで外壁塗装や屋根塗装の会社を探すときは、無足場ブランコ工法での施工経験が豊富にあるところを数社見つけましょう。それぞれの会社に対して見積もりの依頼をすることで、費用相場を知ることができます。

 

通常、外壁塗装や屋根塗装は高所作業が含まれるので足場は必須とされます。しかし、足場は必ずしも取りつけられる環境ではなく、中には設置が難しい場合もあるようです。埼玉エリアの塗装会社の中には無足場ブランコ工法の経験があるところもあるので、複数社候補をみつけ、経験豊富な会社に見積もりを依頼するとよいでしょう。

サイト内検索
記事一覧