埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装・屋根塗装それぞれの乾燥にかかる時間

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/02/15


埼玉で外壁塗装・屋根塗装を選ぶ場合、施工内容をきちんと確認する必要があります。塗料は適当に塗ればよいというわけではなく、正しい方法で塗ることで初めて効果を発揮するものなのです。乾燥にかかる時間を守らなかった場合、不具合を引き起こすこともあるので注意してください。結果として費用が余分にかかってしまうかもしれません。

外壁塗装・屋根塗装の乾燥にかかる時間

埼玉で外壁塗装・屋根塗装を依頼する場合、乾燥に必要な時間を確認しておかなければいけません。外壁塗装・屋根塗装は1回塗れば終わりというわけではなく、最低でも3回は塗ることになります。そして、下塗りをしてから2回目の中塗りをする前や、中塗りをしてから3回目の上塗りを塗る前には、塗料を乾かす時間が必要になるのです。

塗料はそのままでは商品として成り立ちません。外壁や屋根に塗られて乾燥し、密着することで1つの商品として完成します。そのため、本来の効果を期待する場合、塗った後は充分に乾燥させることが大切です。塗料を乾かさずに次の塗料を塗ってしまうと、さまざまな不具合の原因となります。

塗料ごとに乾くまでにかかる時間が決まっているため、ホームページなどで確認しておきましょう。塗料が乾くまでには時間がかかりますが、中には少し乾かしただけで次の工程に移る業者も存在するので注意が必要です。よく起こる不具合としては、塗料の剥がれといったものがあります。

外壁塗装・屋根塗装では乾燥させる時間が大切

埼玉の外壁塗装・屋根塗装では、塗料を乾燥させることが大切です。これを守らないとさまざまな不具合の原因となりますが、これは塗装が終わってすぐに発生するとは限りません。塗装の直後はとくに問題がなかったとしても、数年後に剥がれてしまうことがあるのです。

外壁塗装・屋根塗装にはそれなりに費用がかかりますが、すぐに剥がれてしまうと余計な費用が発生してしまいます。そのため、メーカーの塗料ごとの乾燥時間を守ることが大切です。一般的な塗料は、乾燥するまで4時間程度かかることが多いといわれています。つまり、下塗りから上塗りまで1日で仕上がることはありません。塗装工事では工程表を見せてもらい、無理のない内容になっているかどうかを確認しましょう。

中には施工知識がなく、時間を守らずに塗ってしまう業者も存在するのです。塗装にかかる費用の半分は人件費だといわれているため、工事を安く提供するためには人件費を削減するしかありません。そして、人件費を安くするために工期を短くする業者があるということにもなるのです。

乾燥にかかる時間は季節や天候によっても変わる

塗料の乾燥にかかる時間は塗料ごとに変わってきます。また、季節や天候によっても異なるため、埼玉で外壁塗装・屋根塗装を行う時には、きちんとチェックしておきましょう。乾燥にかかる時間は水性塗料か溶剤塗料かによっても異なってきます。水性塗料は水分が蒸発することで塗膜を作るため、低温ではなかなか乾かないことがあるようです。

そのため、外壁塗装は安全面を考慮して水性塗料を使用し、屋根塗装は雨などによる影響を受けにくい溶剤塗料を使用することが多いでしょう。外壁塗装・屋根塗装の場合、塗料は外で乾燥させるため、気候によっても乾くまでの時間が変わってきます。

夏場は比較的乾きやすいですが、気温が低くなるとなかなか乾かなくなるでしょう。冬場は気温が低すぎると、塗装工事自体が行えないこともあるので注意してください。他にも梅雨の季節など雨が降りやすい時期や、湿度が高すぎると塗装ができないことが多いようです。

 

埼玉で外壁塗装・屋根塗装を行う場合、乾燥時間を守ることが大切です。これを守らなかった場合、さまざまな不具合につながってしまうので注意しましょう。業者を選ぶ時には、塗料の使い方などきちんと守っているかどうかまで見極めることが重要です。

サイト内検索
記事一覧