埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装・屋根塗装をDIYする際の塗料の選び方

公開日:2021/04/01  最終更新日:2021/02/15


埼玉で外壁塗装や屋根塗装をDIYするときに、塗料の選び方に悩んでいる人は多いようです。塗料の選び方を知っておくと、建物が長持ちするので快適に過ごせます。一般的なペンキでは、劣化しやすく建物の強度にも影響を与えるでしょう。外壁塗装と屋根塗装では合う塗料が違うので、注意してください。価格だけで選んでしまうと失敗するケースがあります。

外壁塗装はシリコン塗料がおすすめ

壁塗りの工事によく使われているのがシリコン塗料です。シリコンは、耐久性に優れた合成樹脂が含まれているのが特徴とされています。そのため、風化や太陽光などで多少の割れができても水漏れに強く、約600度の熱に耐える耐熱性があり、雨や空気中の埃による汚れがつきにくい素材です。

値段も手頃で、1度の工事でおよそ12~15年程の耐久力があるので、一般的な壁塗り素材として最適な塗料の1つでしょう。シリコンもさまざまな種類があり、外気温に室内温度が影響されにくい素材が含まれているタイプのものがあります。

ウレタン塗料を比較対象としてみた場合、光沢の保持力を20%ほど維持できるという事例もあるようです。光沢の有無や色の自由性が高いので、家の外観に合わせた塗装ができることもシリコンの強みになります。また、より耐久性に優れた油性タイプがあり、扱いが水性より難しいですが、塗装の際に選択の視野が広がるでしょう。

フッ素塗料は屋根塗装に適している

屋根塗装に適しているのがフッ素塗料です。屋根は自然環境の影響を受けやすいので、耐久性がポイントになります。フッ素塗料は結合力が強く、熱や紫外線に強いのが特徴です。ウレタンやシリコンのなかにも遮熱・断熱性能が高いものがありますが、耐久性は劣ります。

時間が経過しても塗装した面の強度が保たれるので、品質が高いままで耐久性があると人気です。埼玉の顧客からも評判で、使いたいという人も多いとされています。汚れがついたとしても水が接着面に入るので、汚れが落ちやすいのがメリットで、藻やカビが生えにくい性質も有名です。日当たりが悪く湿気の多い地域では、使用を検討したい塗料でしょう。

12〜15年の耐用性があるので、塗り替えのコストが安くなり節約になります。長期的に住む家であれば、1回あたりの塗り替え費用が高くてもメリットだといえるでしょう。見た目にも光沢があるので、外観がキレイに見えます。埼玉でDIYを考えるときにキレイな外観は、住む快適さにつながるでしょう。

外壁塗装にラジカル制御型塗料が人気に

ラジカル制御型塗料は、2012年ごろから外壁塗装に採用されることが多くなりました。フッ素塗料よりも安価でシリコンと同じくらいの値段なのに、耐久年数が長いと評判です。従来は新しい機能がプラスされると価格が高くなるのが一般的でしたが、安価で高性能なのが魅力でしょう。

光沢があるので、汚れがつきにくく見た目が優れているのが特徴です。塗料の伸びもよく、飛び散らないので作業しやすい点がメリットになります。作業しにくいと、それだけ日数もかかっているため人件費もアップするでしょう。使用されている樹脂は商品によって違いますが、光安定剤と高耐候酸化チタンが入っています。

紫外線や雨の影響を受けてチタン部分が酸化し、白い粒上に変化するチョーキング現象になりにくいのが特徴です。大きなデメリットはないですが、埼玉の業者によっては実績が少ないことから、ラジカル制御型塗料を扱っていない企業もあります。ホームページでチェックして、使用されているかどうかを確認することが大切でしょう。

 

今回は、外壁塗装・屋根塗装をDIYする際の塗料の選び方について紹介しました。埼玉で外壁塗装・屋根塗装DIYを考えている人は、業者がおすすめです。なぜなら思うようにできなくて、途中で挫折する人が多いからです。中途半場に終わらせると、むらになったりして費用が余計にかかってしまうでしょう。

サイト内検索
記事一覧