埼玉県の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

台風シーズンでも外壁塗装はできる?施工中に直撃したときの対処法とは

公開日:2024/02/15  最終更新日:2023/11/02

塗装台風

台風シーズンでも外壁塗装は可能ですが、その際には注意が必要です。台風シーズンの外壁塗装は危険を伴います。本記事では、外壁塗装の台風対策についてくわしく解説します。外壁塗装の施工中に台風が接近したら、どのように対処すべきか、安全を確保するための方法もお伝えします。

台風シーズンでも外壁塗装はできる?

外壁塗装工事は、建物を美しく保ち、耐久性を向上させる重要なメンテナンス作業です。しかし、台風シーズンに工事をおこなう際には、注意が必要です。

まず、台風の進路や予報を確認し、工事のスケジュールを計画する際に台風の接近日を避けるようにしましょう。台風が接近すると、風速が増加し、足場や材料に影響を及ぼす可能性が高まります。

足場が倒れたり、作業員の安全が脅かされることを防ぐためにも、安全第一の原則を守るべきです。

また、外壁塗装業者は雨天時の施工に対する経験と知識を持っています。台風シーズンでも、雨が降っている日に工事をおこなうことは可能です。

ただし、適切な防水対策や安全対策を講じることが不可欠です。プロの業者は雨の影響を最小限に抑えながら、施工品質を確保します。

そして、台風の接近を察知したら、工事を中断し、安全を最優先に考えるべきです。工事が中断される場合でも、業者と連携してスケジュールの調整をおこない、工事が再開されるタイミングを計画しましょう。

外壁塗装施工中に台風が直撃した場合の対処法

外壁塗装施工中に台風が直撃した場合、以下のような対処法があります。

施工を中止する

台風が接近してきた場合、施工を中止するのが一般的です。外壁塗装は、塗料を塗る工程だけでなく、乾燥させる工程もあります。また、作業員の安全を考えても、無理に工事をおこなうことはしません。

足場の倒壊防止

台風が来る前に足場の倒壊防止策を講じることが重要です。足場が倒れた場合、周辺住民や通行人に危険が及ぶ可能性があるためです。足場の倒壊防止策としては、足場をしっかり固定することや、風速に応じて足場の高さを下げることが挙げられます。

飛散防止シートの設置

外壁塗装中に台風が来た場合、飛散防止シートを設置することで周辺住民や通行人への被害を最小限に抑えることができます。

保険加入

施工業者は火災保険や賠償責任保険に加入していることが多くあります。万一、台風で被害が発生した場合は、保険金請求をおこなうこともできます。

以上のような対処法があります。ただし、台風は予測不能な自然現象であるため、事前の対策だけでは不十分です。万一被害が発生した場合は、速やかに業者に連絡し適切な対応を取ってもらうようにしましょう。

外壁塗装は台風シーズン前にすませるのがおすすめ

外壁塗装は台風シーズン前にすませるのがおすすめです。外壁塗装に適した季節は、春(4月、5月、6月)と秋(9月、10月、11月)です。春と秋が外壁塗装にとってベストシーズンだと言われているのは、塗料の乾燥具合と職人の作業性の2つの観点からです。

春と秋は空気が乾燥する季節であり、塗料が乾きやすく下塗り、中塗り、上塗りでのそれぞれの塗料が下地によく密着してくれて早期の塗装剥がれリスクを軽減してくれます。また、職人が仕事をしやすい季節のため、ミスのリスクが減ります。

しかし、この時期は繁忙期で優良業者がつかまらないことがあります。早めに業者を選び、依頼しましょう。台風シーズン前に外壁塗装を完了させることで、建物をしっかりと保護し、台風の影響から守ることができます。

建物の美観や耐久性を維持するためにも、計画的な外壁塗装が大切です。

まとめ

台風シーズンでも外壁塗装は可能ですが、台風の直撃日を避けることが重要です。台風が接近した場合、施工中止や足場の安定化などの対策を講じる必要があります。

外壁塗装は春と秋が最適な季節で、塗料の乾燥と作業性が良いため、台風シーズン前に施工を終えることがおすすめです。

計画的な外壁塗装により、建物の美観や耐久性を保ち、台風からの保護を確保できます。業者選びには時間をかけ、早めの依頼が必要です。安全を最優先に考え、適切な対策を講じながら外壁塗装をおこなうことが大切です。

サイト内検索
記事一覧
その他の外壁塗装・屋根塗装業者