埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装・屋根塗装のメンテナンスすべきタイミング


マイホームを建てて10年ほど経ってくると、屋根や外壁には経年劣化が表れやすくなるといわれています。そのため家の適切なメンテナンスを行うためにも、外壁塗装や屋根塗装はどのタイミングで行うべきかしっかり情報をチェックして自宅を綺麗に維持するようにしましょう。きちんとした手入れを行うことによって、安心した生活が行えるようになります。

外壁塗装・屋根塗装共にメンテナンスのタイミングは築10年

埼玉にマイホームをお持ちのご家庭で、外壁塗装や屋根塗装などのメンテナンスを行うことを考える時といえば、家を建ててある程度の年数が経過したことや近所の家が塗替えを行っていて、自宅のメンテナンスに意識がいくようになったなどさまざまな理由はあります。

屋根の状態は自分で常にチェックするわけではありませんし、外壁も若干汚れが目立っていても今すぐ行う必要性を感じていない方も少なくありません。一般的に日本の住宅平均寿命は築30年であり、世界的にも短い傾向にあります。この理由の一つとして日本の気候が影響しており、高温多湿の環境から本来日本家屋は石の上に土台を乗る構造でした。

しかし近年はコンクリートを基礎に使うようになったため、床下の風通しが悪くなり住宅に使用する木材が痛みやすくなっています。また雨や風、紫外線を常に受けている屋根も劣化が進みやすいため、外壁材や屋根材の防水性を維持するためにも、築10年で塗装を行うメンテナンスが必要だと考えられています。

外壁塗装を行うべき劣化のサインや最適な季節

埼玉県にお住まいの方で、自宅のメンテナンスを行うと行っても外壁がどのような状態になったら外壁塗装をすべきか判断できないという声も少なくありません。そんな時のチェックポイントとしては、外壁が色あせている状態やチョーキング、塗膜の剥離や膨れが起こっていないか直接外壁に触れてみてチェックしてみましょう。

色あせ程度であれば劣化は軽度ですが、白い粉が手に付いてしまうチョーキングや被膜が剥がれてしまっている状態では、劣化は中度から高度まで進行していることがわかります。他にもクラックと呼ばれる幅0.3mm以上のヒビ割れが一部でも見つかれば、劣化は大分進行しているので早急なメンテナンスが必要です。

外壁塗装を行う場合に最適な季節は、気温5℃以上で湿度は80%の春や秋だといわれています。春は湿度が低いことから塗料も乾きやすく工事にベストな季節だとされ、秋は空気が乾燥しており気候も穏やかなので施工がしやすいです。ただ春や秋は不安定な天候や、台風シーズンとも重なるので季節ごとのメリットやデメリットを理解して適切な時期に行うようにしましょう。

屋根塗装を行うタイミングや屋根塗料の耐用年数

埼玉にマイホームがある方で、築10年を超えていて屋根のメンテナンスを行っていないというご家庭は、屋根塗装を行うタイミングとして屋根の状態を一度チェックすることをおすすめします。屋根の劣化の初期段階といわれる色あせは、雨風や紫外線によって屋根が劣化してしまい防水効果が低下しているサインです。

塗料は水をはじく効果があるので放置すると雨漏りを引き起こす原因になります。また屋根表面に汚れが蓄積するのも屋根材の劣化の原因になります。目に見えてヒビ割れが起こっている、雨漏りを起こしている状態なら屋根の劣化は大分進んでしまっているので早めにメンテナンスを行ってもらうようにしましょう。

実際に屋根塗装に使用する塗料にはさまざまな種類があり、それぞれ耐用年数が異なります。低価格で耐用年数も10年のシリコン塗料は人気が高く、近年では汚れの付着が少ない防汚性を持つ塗料も登場しており劣化を防ぎます。他にも耐用年数が5年と短いアクリル塗料は低価格でコストパフォーマンスが高い反面、汚れやすく劣化が進みやすいです。耐用年数が高い塗料としては、15年程度のフッ素塗料や20年以上にもなる無機塗料などがあります。

 

日本の気候は家の劣化を進めやすいことから、築10年を目安に外壁塗装、屋根塗装共にしっかりメンテナンスをして劣化を抑える対策が必要となります。しっかり対策を行うことで、安心して生活を送ることができ、美しい状態で家を維持できるようになります。

サイト内検索
記事一覧