埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

埼玉で外壁塗装・屋根塗装中は在宅していたほうがいい?

埼玉で外壁塗装・屋根塗装を行う場合、作業中は在宅していたほうがよいのでしょうか。平日は仕事などで家をあけなければならない方にとっては気になるところでしょう。

結論からいえば、在宅が可能であればそれに越したことはありませんが、作業は家の外で行われるため、1日中家に居なければならないわけではありません。

外壁塗装・屋根塗装の流れについて

埼玉で外壁塗装・屋根塗装を行う場合の流れは、まず塗装前の準備から始まります。具体的には足場作りや、周囲へ塗料がかからないようにする作業ですが、足場は通常は塗装業者とは別の業者が作業を行います。足場を組む作業はほぼ1日作業となります。足場を組んだ後は、幕を張って周囲に塗料が飛び散らないようにします。

これらの準備がすべて終わった後、外壁塗装・屋根塗装に入りますが、いきなり塗装が開始されるわけではありません。その前に洗浄をしっかり行なって汚れを落とし、ひびなどが入っている場合はその修繕を行なって下地をきれいに整えます。

また駐車場にある車などにも塗料が付着しないように、ビニールカバーで覆っていきます。これらの準備作業がすべて終わった後、本作業となります。本作業は下塗り、中塗り、上塗りと何回かに分けて行なっていきます。

最後に片づけと足場の解体・撤去で終了となりますが1週間から10日間程度を見ておく必要があり、天候によっても左右されます。

外壁塗装・屋根塗装中に在宅しなければならないのか?

外壁塗装・屋根塗装の作業に1週間から10日間もかかるとなると、毎日作業が終了するまで1日中在宅しているというわけにもいきません。買い物もあるでしょうし、仕事のある方は外壁塗装・屋根塗装のために仕事を休むわけにもいかないはずです。

ただ塗装作業は屋外で行われるため、基本的には在宅していても外出していても、作業に影響を与えることはほとんどありません。仕事があるために家をあけなければならない場合でも特に問題はありません。もちろん在宅しているほうがもし問題が発生したときに安心ですし、また業者も手を抜くことなく、緊張感を持って作業を行なってくれることでしょう。

本来そのようなことがあってはならないことですが、見張っている人がいるのといないのとでは、緊張感や真剣さが変わってしまうものです。誰も見ていないと気が緩んでしまうということはありえます。そのため、ただ在宅していればよいのではなく、ときどき作業の進捗状況をチェックすることも大切です。

不在で任せっぱなしが不安なときには

外壁塗装・屋根塗装の作業中、ずっと不在で任せっぱなしというのは不安があるという方も少なくありません。しかし、仕事などでどうしても家を空けなければならない場合、そのようなこともいっていられません。このような場合はどうしたらよいのでしょうか。一番よいのは評判の良い、信頼のおける塗装業者に仕事を依頼することです。

埼玉で大手の塗装会社であれば、看板を背負っていますから、不在であっても手を抜くということはあまり考えにくいです。もちろん、小さな会社であっても信用を大切に誠実な仕事をしている会社も少なくありません。

仕事を依頼するときにはいろいろな話をしていくと思いますが、そのときの対応が誠実であったり、分かりやすかったり、またプロ意識を感じるなどで、信用がおける業者かどうか見えてくるものです。口コミや近所で評判の良い業者を選ぶのもよいでしょう。それでも不安な場合は、保証を付けている業者を選ぶというのも手です。

 

埼玉で外壁塗装・屋根塗装を行う際には、1週間から10日間程度の期間が必要です。作業は屋外で行われるために、その間ずっと在宅しなければならないというわけではありません。不在で作業してもらうのが不安な方は、信頼のおける業者を選定することが大切です。

サイト内検索
記事一覧