埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

埼玉で外壁塗装・屋根塗装ができないケースはどんなケース?

埼玉県にある建物の外壁塗装・屋根塗装をする必要がある場合、思い立ったらすぐにでもしてもらいたいケースもあります。

しかし残念ながら外壁塗装・屋根塗装は一年中いつでもできるというものではありません。気温や天気によってはできないことがあります。またそもそも、塗装をすることができない素材でできている壁や屋根もあります。

天気が原因で外壁塗装・屋根塗装ができないケース

サイディングの目地が割れていたり壁にヒビが入っていたりするなど、すぐにでも塗装をし直す必要がある建物も、埼玉の住宅にはあるでしょう。また金属の錆や塗装が剥がれていることによって変色している屋根も、できるだけ早く手直ししたいものです。

しかし、塗料には天気により施工できるときとできないときがあります。塗装に向いていない天気の日に、無理に施工を行なった場合には、仕上がりに悪影響が出てしまうためおすすめできません。

具体的には、雨が降っていて湿度が高い日には外壁塗装・屋根塗装はできないのが特徴です。そのため埼玉県でも雨が続くことの多い梅雨の時期や秋の長雨が降る季節には、施工することができず工期が伸びてしまいがちです。

塗装をした後、乾ききる前に雨が降ると仕上がりの質が悪くなってしまいます。かといって、真夏の日差しが強すぎる日も施工場所によっては塗装した部分に気泡が入ってしまうため、塗装はしないほうが無難です。

気温が原因で外壁塗装・屋根塗装ができないケース

一般的に、埼玉県でも外壁塗装・屋根塗装会社の繁忙期は、春や秋の季節とされています。というのも、それ以外の季節は温度により施工することができなかったり、施工したとしても仕上がりが良くなかったりするからです。

外壁塗装・屋根塗装をしたときに仕上がりが良いベストな気候は天気が良くて温かく空気が乾燥しているようなときです。しかし雨が降っていると施工できないことに加えて、気温によっても塗装できない場合があるので、時期選びに注意が必要です。

具体的に塗装をすることができない気温は5度以下となっています。そのため冬に大雪が降り、積もってしまう日本海側の寒い地域の場合には、11月から3月くらいまでの間、施工できなくなってしまうこともあります。

その点、埼玉県は11月の平均気温は最高が16度、最低でも7度です。最も気温が下がる1月では最高9度、最低でマイナス1度の平均気温となります。日によっては施工できないことがあるといえるでしょう。

外壁塗装・屋根塗装ができない素材とは

外壁塗装・屋根塗装は、気温や湿度によって施工できないケースがありますが、そもそもどのような外壁・屋根でも塗装ができるというわけではありません。

最近建てられている、埼玉県の一般的な住宅で利用されていることが多い壁はサイディングボードやモルタルの壁です。サイディングボードは、レンガ調や石積みのような模様が付いている板で、モルタルはセメント・砂・水などで塗られている壁です。これらのような素材の壁であれば、外壁塗装をすることができます。

一方、使用されていることはそれほど多くはないですが、タイルを使用している壁も埼玉県の住宅にはあるでしょう。タイルの外壁の場合には塗装はできないのが特徴です。

また埼玉県にある住宅の屋根にも、さまざまな素材のものがあります。具体的には、スレート瓦やトタン・ガルバリウム、粘土瓦などで、中でも近年増えているのは、平たいスレート瓦のものです。このタイプのものや金属のものは塗装が可能です。しかし粘土瓦を使用しているものは塗装をすることができないのが特徴です。

 

美観を維持し、建物を保護する効果のある外壁塗装・屋根塗装ですが、できるケースとできないケースがあります。湿度が高いときや気温が低い時期は注意が必要です。また壁や屋根に使用されている素材によっても塗装不可な場合があります。

サイト内検索
記事一覧