埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

埼玉の外壁塗装・屋根塗装は築何年が経過すると必要になる?

毎日暮らしている埼玉の一戸建ての外壁塗装・屋根塗装は、適切なタイミングで行うことをおすすめします。放置してしまうと家が深刻なダメージを受けてしまうことがあり、かえって修繕にお金と時間がかかることになります。

築何年ほどで外壁塗装・屋根塗装のメンテナンスを行うとよいのかを知り、適正価格で家を長持ちさせましょう。

埼玉の新築一戸建ての外壁塗装・屋根塗装の必要性

新築の家は、家の中も外もきれいで快適なものです。快適さを長持ちさせるために大切に暮らそうと思う人が多いのですが、外壁や屋根に関しては屋外で風や雨、太陽の紫外線にさらされているため、暮らしている人の努力にかかわらず劣化していきます。

家の内側は温度差も少ないのですが、外側は直射日光による高温や冬の冷気で低温になること、一日の気温の差とともに温度差が生じたりすることで、塗料や外壁材がほんの少しのびたり縮んだりするということも劣化につながっていきます。

埼玉の新築一戸建ては、外壁が劣化する前段階の塗料が劣化してきたときに外壁塗装・屋根塗装を行うことで、きれいな状態を保つことができます。外壁が明らかにダメージを受けた段階になると、塗膜の内側にすでにダメージが広がっている状態ということになるので、きれいな新築一戸建てだからこそ早めの外壁塗装・屋根塗装の必要性が高く、外壁塗装・屋根塗装が重要なメンテナンスになるという訳です。

埼玉の一戸建てを築年数に関わらず放置してしまうとどうなるか

埼玉の一戸建てを長持ちさせるためには、外部環境によって劣化が早く、家に深刻なダメージを与えることを防いでくれる外壁と屋根を塗装することが大切です。築年数に関わらず放置してしまい、傷んでいるけれども見た目が悪いだけと思っている人もいるのですが、傷んでいると見た目が悪いだけではなく、内部に水分が染み込んでしまうということが起きています。

建物の建材は、水に大変弱く、少しずつ水分により浸食されていき大きなダメージへとつながります。外側の塗膜が剥がれたり、外壁が割れたりしているのと同じように、家の建材も染み込んだ水分によって割れたり、腐食したりしていきます。

家の内側は外側からダメージが見えにくいため、気付いたときには柱や壁など家の構造に関わる部分が危険な状態になっていたり、雨漏りがしてさらに深刻な状態を招いたりするリスクが徐々に高まっていくのです。外壁塗装・屋根塗装を行わずに何年も放置すると、家の劣化が早く進むことになります。

外壁塗装・屋根塗装は築何年が経過したときに必要になるか

埼玉の家を外側から包み込むように守る外壁塗装・屋根塗装は、築何年が経過したときに必要になるかということは、使用している外壁材や塗料によって異なりますが、新築から7年程度が経過したときに最初の塗り替えを行うことがベストといわれています。

通常は10年前後に一度が塗り替えのタイミングになるのですが、1回目の外壁塗装・屋根塗装は早めに行うことが、きれいさをキープするためのポイントなので、7年から10年の間に行うことをおすすめします。 初回の外壁塗装・屋根塗装を7年から10年の間に行い、2回目以降は10年に一度の間隔で行うのが一般的な頻度です。

使用する塗料によっては、5~6年で耐用年数を迎えたり、15年~20年も耐久性を維持したりとさまざまな特徴があります。塗り替えをしたときに、次回の外壁塗装・屋根塗装の時期を確かめたり、早めに点検を受けてタイミングを逃さないようにしたりすることが家を長持ちさせるためのコツです。

 

埼玉の家を長持ちさせる外壁塗装・屋根塗装は、家の見た目の美しさを長持ちさせるだけでなく、家の内側に水分の侵入を防ぎ劣化を予防する効果があります。新築から7年程度経過したら点検を受けて、7年から10年の間に最初の外壁塗装・屋根塗装を行うことをおすすめします。




サイト内検索
記事一覧