埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

雨の日の外壁・屋根塗装は影響が出る?

 

築年数が経つと住宅の外観に難が生じてしまいます。

新築のように外観を綺麗にしたい場合、外壁・屋根塗装専門の施工業者に依頼し、見た目をカバーしたり、保護することができます。

そして塗装を検討する際、注意が必要なのが意外にも天候だそうです。

 

安全な施工を任せることができる

埼玉は、都心と引けを取らないほどに暮らしやすさがあり、戸建・マンション・アパートが建ち並んでいます。

そうした周辺には必ず、外壁・屋根塗装専門の施工業者がいるようです。

新築では気にならないものの、中古ともなれば、外壁の劣化が気になるものです。

塗料が剥げてきたり、亀裂が生じる現象が起こり、外観が悪くなります。

そうした問題を解決するための有効手段となるのが、外壁塗装や屋根塗装で、施工業者へ依頼して行ってもらうことです。

ですが、ただ施工業者に頼めばうまくいくというものではありません。

世間一般に耳にするのは、雨の日は影響が出やすく、コスパも悪くなるという内容です。

近年流行っているDIYの一環で、自分たちで外壁塗装しようと考えている人も少なくはないはず、塗料を用意すれば済む問題ではなく、結論から述べるならば、間違いなく施工業者へ依頼をした方が影響は少ないようです。

雨の日の影響、その1つは安全性の問題で、屋根塗装を行うにしても、その高さから落下してしまうかもしれませんし、足を滑らせてしまうことは考えられる危険性でしょう。

不慣れなDIYによるこうした危険性は、少なからず報道されています。

ですが、埼玉の施工業者に依頼すれば、ケガを負うことはありません。

また、適切な環境と季節を理解し、その状況において施工するのも専門とする施工業者のウリではないでしょうか。

それだけの実績、ノウハウも蓄積されています。

 

秋の晴天を利用して塗装施工しよう

特に、作業を行う範囲が広い場合、計画性が重要で、スムーズに作業が進行するのかは、天候次第という場合も少なくありません。

高温多湿の状況では、塗料の管理が難しくなり、その塗料が本来の特性を維持、発揮できないこともあるので、仕上がりに影響を与えることが多いようです。

塗装グレードが同じでも、塗料のタイプは水性・油性がありますし、耐久性も異なります。

塗装中の塗料に雨が入って薄まることも無きにしも非ず、また、外壁が乾かないうちに雨だれや模様として跡が残ってしまうことや、塗料が流れ落ちることも起こりうる問題です。

基本、塗料は気温5℃以下、湿度85%以上では本来の特性を発揮できないそうです。

外壁・屋根塗装の施工業者が口を揃えて提案する最適時期は秋なのだそうで、空気が乾燥し、比較的晴天が続き、塗料の乾燥がしっかりとできることにあり、施工期間も延びる心配がありません。

 

雨の日の外壁・屋根塗装は、自分たちで施工するならば、仕上がりに影響が出るでしょう。

やはり専門とする施工業者に依頼することで、仕上がりに納得できます。

しかし、それだけでなく、天候による影響もあります。

雨が塗料に少しでも入り込んでしまい、本来の機能が損なわれることや、せっかく塗装したにも関わらず、大雨で塗料が流れてしまうトラブルもあります。

だからこそ、そうしたトラブルを想定でき、対応できる専門業者に依頼するのが利得なのです。




サイト内検索
記事一覧