埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装・屋根塗装の塗り替え時期の目安

公開日:2021/08/01  最終更新日:2021/05/06


埼玉県に住んでいる人で住宅を所有している場合には、外壁塗装と屋根塗装について気にしておかなければいけません。埼玉県で新しく住宅を建築した場合には、まだ外壁塗装と屋根塗装を意識する必要はありません。しかし15年位経過すると外壁塗装や屋根塗装をしなければならないでしょう。そこで、今回は塗り替えの時期を見て行きます。

基本的には利用している塗料によって異なる

埼玉県で外壁塗装と屋根塗装をするタイミングの目安は、利用している塗料によって変わってきます。 外壁塗装と屋根塗装は、その塗料によって耐用年数がずいぶん異なります。最近はあまり利用されていませんが、比較的料金の安いアクリル塗料を使う場合は10年程度で劣化してしまう可能性が高いです。

特に埼玉県は夏場と冬場の気温差が35度以上あることが多く、住宅の外壁も劣化しやすいです。そのため、まず10年毎位に一度塗り替えを検討すると良いでしょう。 一戸建て住宅で一般的に利用されている塗料の1つは、シリコン型と呼ばれるものです。

シリコン型は、アクリルに比べると耐用年数が長いため10年以上塗装していなくても問題ないことが多いです。しかし、15年ぐらいを目安に外壁塗装を考えた方が良いかもしれません。 高機能性塗料と言われるものは、質が高いため20年ぐらい塗り直さなくても問題ありません。20年を目安にして外壁塗装をしましょう。

塗装の時期は見た目で考えることも重要になる

外壁塗装の時期は、使っていると塗料によっても異なりますが実はその建物によってもまた異なる部分があります。例えばよく使われているシリコン型は12年位で劣化してしまう場合もあるかもしれませんが、逆に20年ぐらい劣化しないこともあります。このように大きな開きが出ているのは、外壁塗装をした業者の腕前が考えられるわけです。

もし、実際に見てみてずいぶんと汚れていると感じた場合には15年も経過しないうちに塗り替えても良いかもしれません。あるいは、屋根の塗装をしていなかったために屋根から雨漏りが発生するケースもあります。この場合には、雨漏り発生が1つのシグナルとなっており、外壁の塗装をする時期に差し掛かったと言っても過言ではありません。

それ以外にも、チョーキングと呼ばれる現象も頭に入れておきたいところです。チョーキングとは、外壁を指で触った場合、指がチョークを触った時のように白くなる状態になります。チョーキングの状態は外壁の外側が劣化しており防水性がかなり劣化している恐れが高いです。この場合は可能な限りすぐ塗装しましょう。

業者に来てもらうのも1つの方法と言える

埼玉県に住んでおり外壁塗装と屋根塗装をしてみたいけども、いったいどのようなタイミングでしたら良いか分からない方も多いと思います。特に中古住宅を購入した場合、どのような塗料が使われているのかもよくわからないでしょう。場合によっては、住宅の外壁が汚れているけれども果たしてお金のかかる塗装をするかどうか悩ましいこともあります。 この場合には、業者に任せてみるのが1番です。

業者を選ぶ場合には、いい加減な仕事をするところは避けなければいけません。いい加減な業者の場合には、劣化していないにもかかわらず「今すぐ外壁塗装をしてください」などと言われることもあります。顧客のためになっていればそれで良いわけですが、まだ塗装をするに至らない段階でも何かと理由をつけて契約に持ち込もうとする業者もいます。その場合には、口コミや評判の良い業者を選ぶに限ります。口コミや評判は、ネット上に溢れているため探してみると良いです。

 

埼玉県で外壁塗装と屋根塗装をする場合、タイミングや目安が気になるところです。一般的には塗料の種類によってその目安は異なってきます。また自分たちで塗装が必要か考えることも重要なところです。業者を選ぶ場合も、信用できるところを選ぶようにする必要があるでしょう。

サイト内検索
記事一覧