埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

埼玉の外壁塗装・屋根塗装中にいつもの生活と変わる点

初めて外壁塗装・屋根塗装をされる家庭では、何に注意すればいいのか迷うかもしれません。ここでは埼玉で外壁塗装・屋根塗装をするとき、何に注意すればよいのか説明しています。

生活にどのように影響するのか、プライバシーは保たれるのかなど知っておきたいポイントはたくさんあります。

塗装作業をするうえで最も生活に影響することは?

室内リフォームをするとなれば日常生活に大きな影響がありますが、外壁塗装・屋根塗装中は生活に影響がないと思うかもしれません。しかし実際は生活に影響してくる部分がいくつかあります。

例えば、足場を組んで養生をするので日当たりが悪くなってしまいます。部屋が思いのほか暗くなって驚かれる人は少なくありません。すぐ近くに隣家がある状態なら、同じく影響を与えてしまうでしょう。

足場を組むときは作業音も発生しますので、埼玉で外壁塗装・屋根塗装をされる場合は、隣家に挨拶しておくのが得策です。 依頼主自身が隣家に挨拶するのが基本ですが、塗装会社からも挨拶しに行ってくれることがあります。

ただ依頼主が挨拶をしたことを塗装会社に伝えた場合は、塗装会社からの挨拶はなしとすることもあります。 塗装作業を開始すると隣家に少なからず迷惑はかかるはずです。

部屋が暗くなれば日中でも照明をつける必要性が出てくることもあります。隣家とは普段から仲良くしておくと、工事をするときに何かと助かります。

作業中はプライバシーに影響するという話は本当?

埼玉で外壁塗装・屋根塗装をされる人は、作業中は庭のスペースが狭くなることを考慮してください。玄関の駐車場に家主が車を停めておいた場合、作業が困難になる場合があります。

足場を組むときに車にぶつけてしまうリスクがありますし、塗装中に塗料が跳ねないという保証はありません。建物自体には養生をしますが、車には養生はしないからです。作業をスムーズに進行させることを考えれば、庭や駐車場には何も置かない状態が好ましいです。

外壁塗装・屋根塗装の足場を組むときは、作業スタッフから窓越しに室内を見られます。部屋が散らかりすぎて恥ずかしい、下着を着替えるところを見られたくない、といった場合はカーテンを閉めておくのが得策です。外壁と屋根全面を塗装する場合は、2階の窓付近にも作業スタッフがきます。

2階からも窓越しに室内を見られるので、見られたくない部屋のカーテンは閉めておくのがよいでしょう。窓ガラスが透明でカーテンがない場合は、プライバシー性が低下する点を認識しておきましょう。

塗装中の生活で注意しておきたいポイント

家で窓を閉め切った状態で生活していても、酸欠で窒息したという話は聞かないでしょう。外気は少なからず建物の隙間から室内に入り込んでいます。つまり塗装作業をするときは、塗料のニオイが室内にも入ってきます。これは作業の性質から避けられないことです。

室内の換気をするためには換気扇を使用するのが得策ですから、塗装会社に事前に伝えておきましょう。養生をして塞いでしまった場合、換気扇は使用できません。 エアコンは使用できることが多いですが、石油・ガス給湯器に関しては使用不可となるケースが稀にあります。

施工会社の技術力や養生の方法なども関係してくるので、工事工程の説明段階で確認しておきたいポイントです。窓に関しては原則としてすべて開けられませんが、交渉により一箇所だけ開閉可能にしてもらうことは可能です。

塗装会社側はすべての箇所を養生したい本音がありますので、ここは依頼主と交渉して折り合いをつけていく必要があるでしょう。

 

埼玉で外壁塗装・屋根塗装をするとき、部屋が暗くなってしまう問題はあります。ほかにも塗料が飛散する可能性から、作業場所の付近にモノを置かないことが重要です。塗装作業中は塗料のニオイが気になる人がいますので、換気の方法について詰めていきましょう。




サイト内検索
記事一覧