埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

埼玉の外壁塗装・屋根塗装を短期間で終わらせる方法

外壁塗装・屋根塗装を依頼するとき、できれば短期間で終わってほしいと願うかと思います。実際は作業工程が多く、一般的に外壁塗装は7~10日が目安で、屋根塗装もすると10~14日かかります。ここでは一般的な工期期間と短期間で終わらせる方法について紹介していきます。

短期間に終わらせるには優良な業者を選ぶこと

埼玉で外壁塗装・屋根塗装をできるだけ短期間で終わらせるには、優良で信頼できる業者へ依頼することです。きちんとした工程で行い、順調に進んでも10日間は基本的にかかるため最低でも約2週間はかかります。最初にスケジュールなども把握しておけば、各工程の期間などが把握でき、手抜きなどされていないかも分かります。

実は短期間がよいといっても10日間より短い場合は危険です。各工程を丁寧に行うと最低1日はかかるので、業者から1週間の期間で工事が終わると言われたら疑った方がよいです。いい加減な業者だと何かの工程を省いたり、塗りの乾燥期間を短くしたりして全体の工事期間を短くします。きちんと乾燥期間をとらないで塗装をすると失敗に繋がるので、依頼するときも必ず優良店を選ぶことが重要です。

依頼主側からすれば何日で終わるかは大きな問題で、契約書にスケジュールが書かれていないなら、工事期間が記入されたものを提出してもらいます。塗装業者の中にはスケジュールを書くと遅れたときにクレームが出る理由があり契約書に書かないこともあります。それでは困るため工事期間の細かなスケジュールを出してもらった方がよいです。

実は準備作業も重要な塗装前の工程

埼玉で外壁塗装・屋根塗装を依頼したら、まずいきなり塗装をすることはありません。必ず準備作業が必要で、これがその後の塗装工事の良し悪しを決めるともいわれています。

初日は足場を組んで業者は常に足場の上を動き回って作業をするので、足場は欠かせないスペースです。足場設置の組み方が悪いと事故を起こす可能性があるので気が抜けません。

2日目は外壁や屋根を高圧洗浄機できれいな状態にして表面汚れや、劣化した外壁材などの塗料や苔、カビなどを落とします。これを怠ると塗装時の塗料ののりが悪くなって施工後に劣化が早く進む原因になります。

3日目は養生といわれる塗料がついてはいけない場所をビニールで覆い保護、下地処理で外壁のひび割れ部分やシーリング切れが起きている部分を埋める補修をします。これをしないと塗装後の塗膜劣化が早まる原因になります。塗装準備には最低でも3日はかかるので、これをしっかり行わないと後の塗装作業にいろいろな問題が起きてきます。

実際の塗装作業は1回だけではない

下準備が終わると塗装に入りますが。1回塗るだけで終わるのではなく、塗料の種類によって違いますが基本的に同じところを2〜3回は塗る必要があります。4日目から下塗りを行います。これは中塗りと上塗りの前の作業で、塗料が外壁材や屋根材にしっかりとのるように塗る下塗り専用のものです。

このとき、旧塗膜や下地の劣化状況で使う下塗り剤を変えて、最初に選んだ色と違う色を使うことがあります。これは、例えば、今は黒色で塗り替えて白色に変える場合など現状とかなり違うときに、上塗りだけだと下地がすけることがあるためです。そこで、上塗りの色がはっきり出るように上塗りと異なる色を使います。

5日目~7日目は中塗りと上塗りを行い、事前に選んだ外壁の色のついた塗料を塗ります。上塗りは中塗りの塗料がある程度乾いてから行い完全に乾かす必要はありません。大事なのは適切なタイミングで塗ることで、よく完全に乾いてから塗るとありますが完全に乾くまでには3ヶ月ほどかかります。

屋根塗装も同時に行うと、屋根でも同じ工程が再び3日続きます。仮に、作業中に雨が降ったりすると作業は中止されますがこれは乾燥が遅くなったり塗料が流れ出てしまうためです。雨で工期が延びても追加料金がかかることは通常はないです。

 

外壁塗装・屋根塗装を埼玉で依頼しても作業自体は1週間で終わるようなものではなく、しっかり行うには適切な時間も必要です。短時間で終わらせるには優良な業者に依頼するだけではなく、できれば天候が安定している時期に依頼するのも一つの方法です。見積もりで極端に少ない工期を提示するときは、肝心な作業を省いていたり手抜き工事だったりすることもあるので要注意です。

サイト内検索
記事一覧