埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装・屋根塗装の塗り回数とは

公開日:2021/05/01  最終更新日:2021/02/15


埼玉の外壁塗装・屋根塗装は何度も経験するものではないため、多くの人はあまり知識を持たずに業者に依頼することになるでしょう。とくに初めて外壁塗装・屋根塗装を行う場合、業者にすすめられた通りの工事にしてしまうことがあるかもしれません。しかし、言われるままに依頼すると悪徳業者に騙されることもあるので注意が必要です。

外壁塗装・屋根塗装は1回では完了しない

埼玉の外壁塗装・屋根塗装は1回だけで完了すると考えている人も多いでしょう。しかし、実は1回塗料を塗っただけでは、丈夫な塗膜は完成しません。紫外線や雨に耐えられるようにするため、最低でも3回は塗る必要があるのです。大手の塗料メーカーの製品は、3回塗れば耐久性が発揮できるように設計されています。

模様をつけたい場合やさらに耐久性を高めたいという場合は、4~5回重ねて塗る塗料もあるようです。塗装前には外壁や屋根の汚れをきちんと落とし、ひびなどを補修する下地調整を済ませたら1回目の下塗りが始まります。下塗り用塗料の種類は外壁の材質や劣化状態、上に塗る塗料の種類によって変わってきます。

1回目の下塗りはとくに重要な作業であり、以前塗られた塗膜の効果を消す役割や、上に塗る塗料の密着性を高めるといった役割があるのです。ちなみに、3回塗るのが基本といっても、単純に重ね塗りすればよいというわけではありません。下塗り塗料を乾燥させることも重要であり、きちんと乾燥していなかった場合、施工不良の原因になるので注意が必要です。

外壁塗装・屋根塗装で必要な塗り回数

埼玉の外壁塗装・屋根塗装は、最低でも3回の重ね塗りが必要となります。最も重要なのは1回目の下塗りですが、2回目や3回目も重要な工程です。ちなみに、2回目のことは中塗りと呼んでおり、3回目のことは上塗りと呼ばれています。重ね塗りをすることにより、耐久性が高くムラのないキレイな塗膜になるのです。

また、上塗り塗料にはグレードの違いや機能の違いがあります。耐用年数や期待できる効果が異なるため、きちんと比較して選んでいきましょう。また、家の劣化状態や塗る場所の材質、予算によっても最適な塗料は変わってきます。

塗料の選び方で悩んでしまった場合、専門の業者に選んでもらうという方法も検討しましょう。塗装業者といっても数多くあり、どこに依頼すべきか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。

その場合は、複数の業者から見積もりを出してもらうのがおすすめです。一括見積りサービスを利用すれば、簡単に複数の業者の見積もりを比較できます。上塗り塗料の特徴はメーカーのホームページなどで確認してみるのがおすすめです。適切な塗り回数も調べておきましょう。

外壁塗装・屋根塗装では悪徳業者に注意

埼玉で外壁塗装・屋根塗装を行う場合、基本的に3回塗ることで充分な耐久性を期待できます。もちろんメーカーごとに工法が違うため、回数が多くなることもあるでしょう。塗り回数が増えてしまうことはありますが、塗り回数が3回よりも少ない場合は、手抜き工事の可能性があります。中には塗料メーカーのグレードがよいため、2回塗るだけでよいといってくる業者もあるかもしれません。

しかし、優良な塗料メーカーの製品であっても、基本的には3回塗ることを想定して作られています。手抜き工事を避けたいという場合は、見積もりを細かく出してもらうことが大切です。悪徳業者は細かい部分の説明を省くことがあるため、きちんと確認しておきましょう。

メーカーや塗料名をきちんと記載してもらい、自力で調べることが大切です。また、塗装後の保証についても確認しておくべきです。しかし、使用する塗料によって耐用年数は異なるため、保証年数がすべて同じになることはないでしょう。保証内容も業者によって考え方が異なりますが、悪徳業者の場合は保証書すら出してくれないことがあります。

 

外壁塗装は1回塗れば完了するわけではなく、最低でも3回は重ね塗りをする必要があります。見積書に書かれた工程が少ない場合、手抜き工事をされてしまう可能性もあるので注意が必要です。細かいところまで書かれた見積書を出してもらい、内容をきちんと確認してから依頼しましょう。

サイト内検索
記事一覧