埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

埼玉で外壁塗装・屋根塗装を依頼したい!作業中のプライバシーは大丈夫?

埼玉でそろそろ外壁塗装・屋根塗装をお考えの方、でも初めてなのでいろいろ分からないことがあって不安という方は多いでしょう。

今回は、外壁塗装・屋根塗装の作業中に心配になるプライバシーの問題についてみていきます。工事をしている間の生活はどうしたらいいのか、作業員の人との距離の置き方などについてアドバイスが満載です。

外壁塗装・屋根塗装のおおまかな流れ

まずは、外壁塗装・屋根塗装の作業工程についてみていきましょう。外壁塗装・屋根塗装をはじめるとき、必ず最初に行うのが足場の設置です。

足場とは鉄でできた作業用のやぐらのことで作業員の移動場所と網を組み合わせたものが一般的で、これで家をすっぽりと取り囲みます。準備ができたらいよいよ作業に取り掛かりますが、はじめの工程では現在残っている塗装を剥がして洗浄を行います。

次に塗装を行いますが、塗装は1回では終わらず一般的には下塗り・中塗り・上塗りと3回行います。全ての場所の外壁塗装・屋根塗装が終了したら、足場を外して終了となります。埼玉の場合には冬でも比較的温暖なのでそれほど違いは出ませんが、夏場の方が外壁塗装・屋根塗装の工期は短くなります。

これは先ほど言った3回の塗装作業の間に乾燥の時間が必要になるためで、埼玉でも暖かくても梅雨の時期などではやはり乾きにくいので工期は伸びます。逆に非常に暑い埼玉の夏の時期には、日を置かず工程を進められます。

作業中の生活やプライバシーは心配ご無用

さてこういった流れがある外壁塗装・屋根塗装ですが、気になるのは作業中の生活はどうなるかということでしょう。

例えば足場で家をぐるっと囲むと書きましたが、こういったことをすると当然ながら心配になるのは日当たりの問題です。あるいは作業員の人たちが家の中に入って来るのではないかという心配もあるでしょうし、そうなったらどう対応しようとかも考えてしまいます。

でも基本的には外壁塗装・屋根塗装作業中の生活は普段通りに行えると思ってもらって大丈夫です。特によく誤解があるのが、作業員さんに家の中に入って来られるのではということですが、外壁塗装・屋根塗装は全て屋外で行われますので部屋に上がり込むようなことは一切ありません。

家の中を覗かれるのではとご心配の方は雨戸やブラインドを下ろしておくことで対応できますし、そうしても失礼には当たりません。そして多くの人が気になるのが作業中の職人さんへの接し方ですが、基本的には気を使う必要はなく目が合ったら挨拶する程度でよいのです。

気になるご近所さんへの対応はどうなる?

外壁塗装・屋根塗装作業中の自分のプライバシーも気になるところですが、もう一つよく心配されるのがご近所さんへの対応です。多くの職人さんが出入りされる外壁塗装・屋根塗装は、それなりに音も出ますし、周囲の方でも気にする人もいるかもしれません。

こうしたことでご近所さんと余計なトラブルを抱えたくはないと思うのは当然です。ですから、作業に当たっては事前に依頼先の工務店と話をして、挨拶回りをしてもらうようにしましょう。埼玉の大抵の工務店では現在周辺住民への挨拶回りは当たり前に行なっていますので、依頼しても問題はありませんしわざわざ自分で回る必要も特にはありません。

ご近所さんのプライバシーの問題については、先ほどの足場に設置された網が有効です。網は職人さんの落下防止のための大事な道具ですが、それ以外にも発生する騒音を軽減したり塗料の周囲への飛散を防いだりする効果もあり、なおかつ目隠しの役割をしてくれるので職人さんが周囲を伺えない状態になるのです。

 

埼玉の外壁塗装・屋根塗装依頼で気にしてしまうプライバシー問題ですが、実際にはほとんど問題はないということがお分かりいただけたでしょうか。家の定期メンテナンスとして絶対に必要な外壁塗装・屋根塗装は、このように生活の負担がほとんどなく進められるのです。

サイト内検索
記事一覧