埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装・屋根塗装は近隣トラブルに注意

公開日:2021/08/01  最終更新日:2021/05/06


埼玉県で外壁塗装屋根塗装を考えている場合、お金のことが気になるかもしれません。それと同時に気にしておきたいのは、近隣トラブルになります。外壁塗装や屋根塗装をする場合には何かと起こる近隣トラブルですが、一体どのような事例が考えられるでしょうか。事前にそれらを理解しておけば近隣トラブルを防止することに役立ちます。

シンナー臭いとのクレームが起こり得る

埼玉県の中でも、中心部は住宅が密集しています。特にさいたま市の浦和区やその周辺、そして川口市や蕨市等は多くの人が住んでいるため、外壁塗装そして屋根塗装をする時にも近隣トラブルに注意しなければいけません。トラブルの1つは、シンナーの臭いになります。

最近は、外壁塗装をする場合の塗料もしない以外のものを利用するケースはあります。シンナーを利用する場合とは、塗料を溶かす場合です。シンナーは、油性の塗料を溶かす役割があり、これを用いて薄めるわけです。いわゆる薄め液としての役割があると言えるでしょう。 ところが、うすめ液を使った場合シンナーの臭いが周りに充満してしまう可能性があります。

そのため、近隣から苦情が来るケースがよく考えられるわけです。もしこれらを事前に防止するとすれば、シンナーの塗料を使わないことです。水性塗料等を利用すれば、臭いがあまりしないため近隣からクレームが来る事はないでしょう。 もちろん水性塗料も塗料である以上は、科学的に作られている多少の臭いはしますが、そこまで臭くはありません。近づいたらわかる程度の臭いになるため、まず近隣トラブルが起こり得ないと言って良いです。

洗濯物が干せないといったトラブル

埼玉県で外壁塗装や屋根塗装をする場合には近隣トラブルが起こりますが、そのうちよくあり得るのは洗濯物に塗料が付着することです。通常塗料を塗る場合には、シートを建物の周りにかぶせます。これは、周りから作業を見えにくくすることよりも、塗料が割の住宅に飛ばないようにする役割が強いです。

ところが、100%塗料の散布を防ぐことができるわけではありません。場合によっては、塗料が建物の外に飛んでしまう場合もあるでしょう。特に強風の日は塗料が飛んでしまい、近隣の洗濯物などに付着するケースがあります。 埼玉県の中でも、建物と建物の間隔が広いところならばまずこのようなことは起こりませんが、隣の建物まで1メートルもないところがあります。

そのようなところで塗装をする場合、ごくまれに洗濯物に塗料がついてしまうわけです。 これを業者のほうもよく理解しているため、近隣の人に洗濯物をできるだけ干さないように告げることもありますが、お願いレベルであり強制力はありません。

未然に近隣トラブルを防ぐためには

埼玉県内で、塗料を塗った時に起こりうるトラブルは概ね数種類ある中で、これらを未然に防止する方法はいくつか存在します。まず、社員教育を充実させることです。社員教育の充実の目的は、外壁塗装そして屋根塗装をした場合に近隣に迷惑をかけないこと言っても良いでしょう。

つまり、常に周りに注意して塗料を塗ることです。 それと同時に、周辺の近所の人たちに挨拶まわりをすることが必要です。よくチラシだけを配るケースもありますが、チラシだけでは不十分なことも多いです。近隣の家としては、紙1枚だけで済ませようとする業者に対してあまり良い感想を抱かないケースがあります。

もちろん、それでも全く何も知らせずに突然ある日外壁塗装をスタートするよりはマシかもしれません。ですが、よりベターな方法があるとすればスタッフが一件ずつ挨拶まわりをすることです。粗品としてタオルなどを持って渡せばそれなりに良い印象を与えることができるかもしれません。

 

埼玉で屋根塗装と外壁塗装をする場合に起こりうる近隣トラブルは、塗料の匂いになります。特に油性塗料はシンナーを使うため匂いが広がりやすいです。後は、塗料の1部が隣の家の洗濯物等についてしまう場合です。それを防ぐためには、社員教育が必要な事と事前に近所の人たちに挨拶まわりをする事です。

サイト内検索
記事一覧