埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

埼玉県で外壁塗装・屋根塗装をする必要性とメリット

関東地方の都市圏の一角にある埼玉県は、隣接している東京のベッドタウンとしての要素もあるエリアです。全国で第5位の人口の県で、住宅地も多くあります。

そんなエリアで一戸建ての持ち家に長年住んでいると、外壁塗装や屋根塗装をする必要もでてくるでしょう。しかしなぜ外壁塗装や屋根塗装をしなくてはならないのでしょうか。

なぜ外壁塗装・屋根塗装をする必要性があるのか

冬は北西の季節風が吹き付け、夏は高温になる日が続く埼玉県は、梅雨や秋の時期には激しい雨の降る日も多い地域です。エアコンの効いた室内で毎日快適に過ごしていると、その厳しさはあまりピンとこないかもしれません。

しかし毎日毎日、厳しい自然の現象にさらされていると、次第に外壁や屋根は劣化していってしまいます。 チョーキングという言葉を聞いたことがある人も多いかと思います。日本語では白亜化ともいうこの現象は、外壁を触ったときに手に白い粉が付くことです。塗装が劣化したことを示しています。塗装面が劣化し顔料が粉となって表面に出ているという状態です。

また金属の部分は劣化によって錆が出ることがあります。 塗装が剥がれてしまうと、そこから雨が降った時に水分が中へ入ってしまいます。このような劣化を放置すると、建物をさらに傷めてしまうことになりかねません。悪化するほど、補修に費用や時間が多くかかってしまうことになるため、早めの対策がおすすめです。

外壁塗装や屋根塗装をするメリット

埼玉県は国内のほかの地方と比べると、過ごしやすい気候であると思われがちです。

とはいえ、やはり長い年月のうちには、夏の紫外線や梅雨の長雨などの自然によって、住宅を劣化させてしまうことは避けられません。外壁塗装や屋根塗装をすると、大切な建物の内部を風雨や太陽光線、砂埃などの自然による劣化から守ることができるというメリットがあります。

また外壁塗装や屋根塗装をすることで、建物の耐久性を高めることが可能です。湿気が入りにくいようにすることは、カビや白アリを付きにくくする効果も期待できます。

それに加えて、建物の外観を美しくすることができるのも外壁塗装・屋根塗装をするメリットです。壁がきれいになり、建物の雰囲気も明るくなったように感じられるでしょう。

さらに断熱性能を高めることができるという点も、外壁や屋根を塗装しなおすメリットの一つです。真夏に照りつける日光の熱や冬の冷たい外気温が伝わりにくくなるため、電気代の節約にもつながる可能性があります。

外壁塗装・屋根塗装が不要なケースとは

このようにさまざまなメリットがある外壁塗装・屋根塗装ですが、どんな建物の外壁・屋根でもしなくてはならないのかという疑問を持った人もいるかもしれません。

現在、埼玉県の住宅で主流となっている外壁はサイディングボードやモルタルです。これらの外壁をメンテナンスする場合には、やはり外壁塗装をおこなうのがよいでしょう。サイディング・モルタル壁の建物を長持ちさせる効果が期待できます。

一方、埼玉の一般住宅に使われていることは少ないですが、タイルの壁の場合には、塗装ではなく目地のメンテナンスをします。 一般的な埼玉の住宅の屋根には、薄型のスレート瓦が使われていることが多いでしょう。この場合には屋根塗装をしてメンテナンスをおこないます。

またトタンやガルバリウムといった金属、セメント瓦の屋根も塗装をすることで建物を守ることができます。埼玉の住宅のなかには、素焼き瓦を使ったものや陶器の瓦、燻し瓦が使われていることもありますが、これらの塗装は不要です。

 

大切な建物を紫外線や水・温度差などから守ることを考えると、外壁塗装・屋根塗装をする必要性が感じられるのではないでしょうか。外観も美しく維持でき、断熱効果も期待できます。大切な家を長持ちさせるためにも、定期的なメンテナンスが効果的です。

サイト内検索
記事一覧