埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

埼玉にある会社なら外壁・屋根塗装の助成金(補助金)がもらえる?

公開日:2021/03/01  最終更新日:2021/01/18


埼玉では建物のリフォームをする際に、外壁塗装及び屋根塗装を施工する場合は条件が合っていれば補助金を受け取ることができます。申請から施工、受け取りまでの一連の流れを把握することや、施工内容においての決まり事などもあるので確認が必要です。面倒な手間を省きたい場合は、対応するリフォーム会社に任せることもできます。

補助金の対象となる建物

埼玉県は外壁塗装や屋根塗装を施工する場合、条件を満たしていると補助金を受け取ることができます。対象となる建造物は法人であることが前提です。県内で1年以上の業務実績があることと、各種税金を滞納していない事業所が該当します。宗教法人や一般的なご家庭は、対象外となるので注意が必要です。

ほかにも、外壁塗装と屋根塗装どちらにせよ、エコな環境作りができるようなリフォームが対象です。従って通常の塗料を使う方法ではなく、外壁と屋根の場合は断熱性がある塗料の他、遮熱塗料を使った施工に限定されます。申請の流れは埼玉県で用意している申請書に記入し、施工前と施工完了後の写真も用意しなければなりません。

補助金額は総工費の3分の1、もしくは300万円までを上限としているので、利用する事業所の負担を大きく軽減できます。年度により条件が異なる可能性や、補助金額が変動する可能性もあるので、常に新しい情報を確認しておく必要があります。

申請には期限がある

埼玉県のリフォームの補助金制度においては、新年度から随時受け付けをしておりますが、翌年までいつでも申請できるわけではありません。外壁塗装や屋根塗装を検討する事業所は、早い段階でリフォーム会社を探しておくと申請期限内に申し込みを完了させることができるので、県の予算上の問題で補助金を受け取れなくなるのを防ぐことができます。

手続きするにあたり、時間や手間がかかってしまうことはいうまでもありません。そのため、書類を作成するための時間がない場合は、埼玉県の補助金に精通するリフォーム会社を選べばすべて代行してもらえます。しかし、手数料が発生する可能性もあるので、リフォーム会社に直接問い合わせてみましょう。

新年度をスタートに、多くの事業所が申請すると予想されているため、スピーディーに対応をしてくれるリフォーム会社を利用しましょう。悪徳な会社だと、施工後に助成金を受け取れなかったことを理由として、多額に請求してくる可能性もあります。そのため、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

細かな作業工程と最適なリフォーム方法

埼玉県で事業を行っている法人は、条件を満たせば助成金を受け取ることができるので、場合によってはお得にリフォームすることができます。断熱性を高める工事を条件としているので、遮熱塗料を使ったリフォームに制限されています。

多くのリフォーム会社は、事業所の周囲に足場を組んで、外壁や屋根の洗浄と下地調整を行った上で塗装作業に入ります。下塗り塗装を施しても、最終的に遮熱塗料で仕上げれば補助金の対象となるので心配ありません。普通のウレタン塗料は該当せず、遮熱塗料に準ずる塗料の使用に限られています。

埼玉県でのこの補助金の制度においては、エコな環境作りを推奨する意味合いが強いので、遮熱塗料を使えば建物内に夏場の熱気が伝わってしまうことを軽減できます。結果的にエアコンの使用量を減らすことに貢献でき、逆に冬期間には暖房機の使用を少なくできることが根底にあります。

 

埼玉県で事業を行っている各種法人は、外壁塗装・屋根塗装をする際には上限はあるものの補助金を受け取ることができます。早期に申し込みするには県の制度に精通したリフォーム会社を選べば、手続きの代行から遮熱塗料を使った塗り替え、完成後の申請もすべて行ってもらえるので負担に感じることもありません。

サイト内検索
記事一覧