埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装はタイルならメンテナンス要らず?張替えや交換の目安

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/01/18


埼玉に住宅を所有している方は、外壁塗装でメンテナンスを行うことが原則必要です。ただし、タイルを使った外壁の場合は一般的な外壁材とは異なり、張替えや交換を含むメンテナンスのタイミングや施工内容が大きく変わります。埼玉で該当する壁材を使用している場合は、詳細事項を把握しておくことで老朽化を起こさない住環境を保てます。

タイルの外壁でもメンテナンスはある程度必要

タイルで作られた外壁を持つ住宅の場合、モルタルやサイディングとは異なり耐久性があります。新築時から10年が経過しても、まったく問題にならずにキレイな状態を保てる可能性は充分にあり、20年や30年、それ以上の期間にわたって長持ちさせることは不可能ではありません。

一方で完全に万能ということではなく、埼玉にお住いの方は県内に外壁塗装、屋根塗装を行う会社が何社もありますが、その中には点検作業や修復作業を行ってもらえる会社も存在します。タイルの場合は目地が傷んでしまい、緩みによりタイルの落下が起きる可能性があるので、ある程度の年数ごとにメンテナンスを行えばより長持ちさせられます。

長い年数が経過すると外壁自体に問題はないとしても、付着した汚れが気になる場合もよくあることです。このケースでは、高圧洗浄機を用いて外壁を洗浄することで汚れをキレイに落とすことも可能です。外壁を施工した職人の腕による違いもありますが、ひび割れなどのメンテナンスを行えば驚くほどの耐久性、耐候性を発揮させられる外壁材です。

タイル製の外壁の劣化が目立つようになったときの対処法

タイル製の外壁は非常に高耐久を実現できるものですが、使われている資材や品質、施工技術によっては外壁塗装を必要とする場合も少なからず出てしまいます。埼玉の住宅においては、県内を管轄する外壁塗装の会社が多数営業をしているので、ネットから口コミや料金を調べてから現地見積もりを依頼する方法が最適です。

外壁塗装を行う際は同時に屋根塗装も行えば住宅全体のメンテナス費用を考えると、足場代を共用できることから屋根塗装も同時施工を推奨できます。タイル製の外壁に対しては、素材による違いがあり、ツルツルしているタイプは足付け作業が必要です。

この作業と下塗り作業を行えば、後は一般的な外壁塗装、屋根塗装と違いはないので割と簡単に依頼することはできます。ひび割れやタイルの剥離などが出ている部分に対しては、最初の下地調整は埼玉の会社では通常の範囲として行っているので、劣化部分がまったくわからないように、キレイに仕上げてくれます。

剥離部分が目立つようになった際の外壁のメンテナンス

タイル壁を使っている住宅では、長持ちをさせることはできたとしても、自然災害などによりタイルに浮きが出てしまい、剥離してしまう箇所が目立つようになるリスクはあります。落下したタイルは接着剤で再度固定する方法はありますが、既に老朽化が進んでいるような住宅では、張替えや交換のタイミングが来ているとも判断できます。

壁の下地はコンクリートを用いていることが一般的ですが、すべてを撤去して張替えや交換をする方法では費用はかなり掛かります。この選択においてはもちろん、好みに合わせた新しいタイルで施工し直す会社は埼玉にはありますが、サイディングを用いて重ね張り工法を選択する方法も悪くはありません。

サイディングは進化している素材があり、表面には薄型の本物のタイルを用いた資材があり、各メーカーによってかなりのバリエーションがあるので、重ね張り工法を利用すると余計な廃棄物を出さないメリットや、施工費用を削減できるメリット、以前よりも断熱性をアップさせるメリットも感じることができます。

 

埼玉の戸建て住宅で外壁にタイルを利用している場合、小まめな点検や数年単位のメンテナンスを行えば、数十年を持たせることは可能です。一方で既に劣化が進んでいる場合は、修復した上で外壁塗装を施工する方法と、新しく張り直す方法とサイディングの重ね張りを選択する方法にわかれます。

サイト内検索
記事一覧