埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁のデザインをそのまま残せる「クリア塗装」とは

デザインの優れた外壁も、塗装をすることで顔料の影響によって元のデザインを消してしまうことがあります。そんなときにクリア塗装を利用すれば、外壁のデザインをそのまま残した状態で外壁塗装をして行うことが可能です。クリア塗装を知っていると、外壁塗装を行う際に選択肢が広がりますよ。今回はそんなクリア塗装のメリットをご紹介します。

外壁のデザインにこだわりがあるならクリア塗装がおすすめ

外壁に素敵なデザインが施されている場合は、外壁塗装のサービスを利用するときにデザインが消えることがないか注意しましょう。外壁塗装に使用される塗料には、色の元となる「顔料」が含まれています。

そのため、外壁塗装を行うことで元の外壁の色とは違う色になり、デザインも消えてしまうことになります。もとのデザインをしっかり残したい場合には「クリア塗装」がおすすめです。クリア塗装とはネーミング通り無色透明なクリアな塗料を使用し、塗装した後でも下地が透けて見えるのが特徴的です。クリア塗料には顔料が含まれていないため色はついておらず、無色透明の塗料です。

コーティングとしての機能に特化しており、元々の外壁のデザインや色などに大きな影響を与えることがありません。そのためストーン調やレンガ調などのデザインが施されている外壁でも安心して外壁塗装を行うことが可能です。

クリア塗装を使用するメリットとは

クリア塗装は外壁のデザインをそのまま残せるだけでなく、外壁にツヤをだすことができます。明るくツヤのある保護膜を作ることができますから、新築のような状態を実現することが可能です。汚れがつきにくい状態になるため、長期間綺麗な外壁を維持することにもつながります。

また、外壁塗装特有の悩みの種であるチョーキング現象が発生しにくいという特徴があります。チョーキング現象とは外壁塗装の施工をしてから数年程度経過した後に塗膜表面に白い粉が発生して、外壁を手で触ったときに白い粉が付着してしまう状態です。

チョーキング現象は塗料の顔料が影響しているので、顔料が含まれていないクリア塗料であれば問題が発生しません。チョーキング現象で発生した白い粉は手だけでなく洋服などにも付着してしまうので、基本的には発生しないほうがよい現象です。またクリア塗装は通常の塗装よりも塗装回数が少なく済むため、施工期間が短く、施工単価も安価になりやすいのがメリットになります。

クリア塗装が使用できないケースもある

クリア塗装は外壁のデザインを残せるうえ、チョーキング現象の発生を防ぐことができる魅力的な存在ですが、全ての外壁に使用できる訳ではありません。透明な塗料なので汚れや傷の他に色落ちなどが発生している外壁の場合は使用するのが難しくなります。

クリア塗装は外壁の表面を保護する役割は果たしてくれますが、すでに汚れや傷が目立つ状態になっている外壁に塗装してしまうと、見た目の悪い状態が継続してしまいます。

他にも光触媒機能や親水性機能がついている塗料で塗装している外壁に対して、クリア塗料を塗装しても弾かれてしまうので、施工することができません。他にも施工ができない外壁は存在するため、事前に業者側に外壁の状態をチェックしてもらうのが大切です。

 

外壁塗装をする際に外壁のデザインを残したい場合には、クリア塗装を選択すると便利です。無色透明な塗料を使用したクリア塗装は、外壁のデザインをしっかりと残しつつ、家を美しい状態に保ってくれます。

また、顔料が含まれていない塗料にのため、チョーキング現象が発生しないようというメリットも。外壁の種類や使用している塗料によってはクリア塗装ができないケースもありますから、施工業者にしっかりと外壁の状態を確認してもらってから、塗装方法を決定しましょう。

サイト内検索
記事一覧