埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

瓦屋根に屋根塗装は必要なのか

新築のときには何も問題がなかった住宅でも、ある程度の年月が経ってくるとメンテナンスを施す必要があります。中でも住宅を守る屋根は、屋根塗装をして見た目の美しさを保つ・雨漏りがしない状態にするなどの定期的なメンテナンスが必要です。洋風住宅だけでなく、和風住宅の瓦屋根も同様に、瓦の種類によっては塗り替えが必要な場合があります。

瓦の種類によって塗装の必要性に違いがある

瓦屋根の住宅では「屋根の塗装は必要ない」と考えている人も多いかもしれませんが、瓦の種類によっては屋根塗装をしないと住宅にダメージが発生してしまう場合があります。瓦にも種類があり、粘土が使用されている瓦屋根の耐用年数は長く、50年以上はメンテナンスをしないで大丈夫なことも多くあります。

粘土の瓦でも台風などでダメージが蓄積していけば耐用年数が短くなってしまうこともありますが、瓦の種類の中ではとても丈夫な存在です。粘土の瓦は基本的に塗り替えなどのメンテナンスをする必要はありませんが、セメント瓦やモニエル瓦などは定期的に塗り替えをしないといけません。

セメント瓦は塗装をすることで防水性を高め、瓦の表面を保護することができます。セメント瓦などで塗り替えを一切していないと、経年劣化で雨漏りの原因になることもありますから、注意が必要です。

瓦の種類をチェックするのは難しくない

自宅の瓦の種類をチェックしたいとき、自力で調べるのは危険がともないます。安全に瓦の近くまで到達できても、素人の目では「粘土なのかセメントなのか」判断することは難しいでしょう。本当はセメントなのに粘土の瓦だと誤認識してしまうと、雨漏りなどのトラブルに繋がってしまいますから、プロの力を借りるのが大切です。

自宅の瓦の状態や種類などを無料点検してくれる業者も多くあるため、そのした業者のサービスを利用すれば、スムーズに瓦の種類を把握できます。セメント瓦やモニエル瓦だと判断されれば、そのまま業者に屋根塗装を任してしまうのもよいでしょう。

セメント瓦などは定期的に塗装をすることで、水漏れを防ぐだけでなく瓦自体が割れにくい状態に保つことができます。多くの場合瓦を取り換える必要がなく、基本的には、塗り替えて同じ瓦を長期間使用することが可能です。

漆喰の部分も定期的にチェックして貰うのが大切

粘土の瓦の場合は耐久性が高いため、屋根の部分に気を使う必要がないようにも感じます。しかし実際には漆喰の部分についてのチェックは必要です。瓦を固定して支えている部分である漆喰は、粘土の瓦であっても定期的にメンテナンスをしなければいけません。

漆喰の部分は十数年程度でメンテナンスをすることが大切なので、屋根塗装のサービスを利用するときに漆喰の状態も確認しておきましょう。時代の流れで漆喰を使用しない棟瓦の固定方法も誕生しており、そのような最新技術を使った瓦を取り入れれば、耐震性を向上させることにもつながります。

家を風雨から守る屋根の部分を丈夫にしておけば家族で安心して生活ができますから、塗装のサービスを選択するときには意識しておきたいポイントの1つといえます。

 

自宅で生活しているときに、屋根について深く考えたことのある方は少ないかもしれません。しかし、安心して生活をするためには定期的にメンテナンスをする必要があります。とくに瓦屋根の場合、屋根塗装の必要性はあまり知られていませんが、セメント瓦やモニエル瓦の場合は定期的に塗り替えをすることで美観と安全を保つことにつながります。

セメント瓦やモニエル瓦は塗り替えをすることで防水性などを維持していますから、メンテナンスを怠ってしまうと、雨漏りをしたり瓦が割れてしまうなどのトラブルが発生しやすくなります。粘土の瓦でも漆喰の部分は十数年でメンテナンスをする必要があるので、業者に依頼して屋根の状態を点検して貰うのが大切です。

サイト内検索
記事一覧