埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装のサイディングの補修に最適な時期とは

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/11/26


埼玉で外壁塗装や屋根塗装をする場合、最適な時期はいつなのだろうかと疑問に思っていませんか。また、何かしらの都合で最適な時期に依頼できない場合は、どのような点に注意して依頼すればよいのでしょうか。この記事では、外壁塗装や屋根塗装をする最適な時期についてや、それ以外の季節に工事するときの注意点を解説しています。

埼玉で外壁塗装や屋根塗装の最適な時期はいつ?

埼玉で外壁塗装のサイディングの補修に最適な時期は、何月くらいがよいのだろうかと疑問に思う方もいるでしょう。外壁塗装のサイディングの補修や屋根塗装に最適な時期は、秋から冬にかけてです。具体的には、10月から12月が最適な時期になります。

なぜ10月から12月がよいのかというと、空気が乾燥しているため塗料の乾燥具合がよく、仕上がりが綺麗になりやすいからです。また、作業を行う職人も暑さや寒さを感じにくい季節のため、丁寧な作業を行いやすく仕上がりに期待が持てます。

埼玉で外壁塗装や屋根塗装をする際には、窓やエアコンの室外機をビニール養生するため、工事期間中はサッシの開け閉めやエアコンを使用できません。10月から12月の時期は、もちろん地域によって差はありますが、比較的エアコンを使わなくて済む時期です。

そのため、工事期間中に窓を閉め切った状態でも、あまり不便を感じることなく生活できます。もし、寒さを感じた場合でも、ストーブやこたつなどで寒さ対策もできるため、あまり不便はないことでしょう。

外壁塗装や屋根塗装の工事期間中にストレスを感じる時期はいつ?

外壁塗装や屋根塗装をする際、工事期間中にストレスを感じるのは夏場です。

理由としてはまず、エアコンを使用できないというのが挙げられます。先程も説明したように、工事期間中はサッシ窓やエアコンの室外機をビニールで養生するため、窓の開け閉めやエアコンが使用できません。窓を閉め切った状態のまま扇風機だけで暑さをしのぐとなると、不便に感じる方が少なくないはずです。

どうしても夏場が都合がよいという場合には、工事が始まる前にリビングや寝室のエアコンだけでも使えるようにお願いしておくことをおすすめします。工事中にお願いしてしまうと、やり直すのに手間がかかるだけでなく工事進行の妨げになりかねません。

また、あとからいわれた職人もよい気持ちはしないことでしょう。夏場は湿度が高く塗膜自体に水分が残ってしまうため、後々ふくれやめくれの原因になります。そのため、塗料の表面が乾くのは早いのですが、すぐに塗り重ねてしまうのは禁物です。

このように、依頼者や工事する側も気を使わなければならないため、あまり夏場の外壁塗装や屋根塗装はおすすめしません。

冬から春の時期はしないほうがよいのか?

それでは、冬から春(1月から4月)にかけて、外壁塗装や屋根塗装をする場合にはどうなのでしょうか。

春の時期の中でも3・4月は空気が乾燥していて、作業するのに適している時期といえ、秋(10月から12月)の次におすすめできる時期です。しかし、卒業・入学式などイベントや行事など、比較的忙しい方が少なくないはずです。

また、5月くらいから雨の多い梅雨に入る時期でもあるため、工事の打ち合わせの時間等を考えると難しいと思われる方が少なくないのかもしれません。4月に工事が可能であれば、おすすめできる時期です。

冬の時期でも1月から3月にかけて外壁塗装を行う場合、日中が短い事と朝から霜や雪が積もっているなど、作業開始が遅くなり工期が長くなるというのがデメリットです。

あまりにも気温が低すぎると、職人が寒すぎて作業がはかどらないということも考えられます。空気が乾燥して仕上がりがよくなる時期ではあるため、工期が長くなっても大丈夫だという方であれば問題ありません。

 

埼玉で外壁塗装や屋根塗装をする最適な時期は、10月から12月がよいというのはご理解いただけたと思います。もしそれ以外の時期に依頼する場合は、注意点やデメリットなどをよく頭に入れてから依頼することで、トラブルを減らすことができるはずです。

サイト内検索
記事一覧