埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装・屋根塗装それぞれの工程や流れについて

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/01/18


念願のマイホームを手に入れた人は、自分の家のメンテナンスをしていかなくてはいけません。外壁塗装に関しては約10年から15年の間に塗装をしないと家が痛んでしまいます。埼玉県は、気候もよく日当たりがよいところが多く存在します。日当たりがよいところだと常に紫外線を浴びているため、外壁へのダメージも大きくなってしまうのです。

塗装をする際に必要不可欠な足場

塗装をする際には、足場をきちんと固めてから作業に移っていきます。足場の作成する時間ですが、約1日かかります。これは、一般的な2階建ての広さの足場を組んだときにかかる時間です。家が小さければ、より短時間で足場を作成できます。足場は塗装をするためにとても大事な作業です。

作業員の安全確保をするために、さまざまな安全策が設けられています。屋根の塗装をする際は、足場が組めない状況にあるときには命綱を使用して、命綱に安全帯をかけてから作業をするようにしています。天候の悪化により屋根が濡れている場合は、とても滑りやすい状態になっているため、最善の注意を払いながら作業をしなければいけません。

転落防止といった災害を最小限に抑えるためにも、足場の組み立ては大事になってくるのです。塗装に使用する塗料の飛散防止にも大きな役割を持っています。家屋が密集している場所では、飛散にも最善の注意を払って作業をしなくてはいけないのです。

屋根塗装の流れについて

屋根塗装に入る前に屋根全体を高圧洗浄を使用して、きれいに掃除しなくてはいけません。高圧洗浄機というのは普通の水道の何倍もの勢いで水を散布しています。強い水圧によって頑固な汚れもきれいに洗うことができるのです。屋根にほこりが乗った状態で塗装をしてしまうと、ゴミが浮いたときに下地が現れてしまうのです。

せっかく金額と時間をかけて塗装をしているため、このような小さなミスは避けて作業しなくてはいけません。屋根塗装は下塗りを行い、次に中塗りを行います。中塗りが完全に乾いた状態になりましたら、上塗りをします。上塗りは最終的な仕上げになりますので、塗り忘れがないように塗装を完了させなくてはいけません。

中塗りと上塗りの塗料は同じものを使用しています。同じものを使用することによって、塗り残しをなくすことができるのです。使用する塗料ですが、屋根は紫外線を多く浴びますので普段使用している材料より、よい素材のものを使用しています。

外壁塗装に関する説明と塗装にかかる時間

外壁塗装の作業内容ですが、初めに外壁全体を高圧洗浄機によって洗浄します。高圧洗浄機による洗浄に関しては屋根塗装と工程は一緒になります。軒下に外壁はあるのですが、やはり雨や風などを日々浴びているとほこりなどが付着しています。

付着したほこり等をきれいにしてから作業に移らなければ、ほこりが落ちたときに下地が見えてしまうのです。外壁塗装の工程ですが、最初にサッシ周りや玄関など塗装しない部分の養生をしてから作業に移ります。塗装は屋根塗装と同じように、下塗りから入り、中塗りをしてから上塗りをして完了になります。

外壁は日に当たる場所と日陰の場所が存在し、日が当たるところは塗装も痛んでいます。埼玉県は都心部に近いため密集したところも多くあり、近所の家に塗料が飛散しないように充分に気をつけて作業をしています。外壁塗装にかかる時間ですが、約4日から5日ほどの時間がかかります。細かい部位が多いため屋根塗装よりも時間がかかってしまうのです。

 

埼玉県で行っている塗装の相場を紹介していきます。埼玉県では一軒家が多いため、他県よりも安くなっています。普通の一軒家の相場ですが、100万円前後です。家の大きさには左右される面がありますが、1つの目安として相場価格を確認してみてください。

サイト内検索
記事一覧