埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

屋根塗装で雨漏りは直るの?

雨漏りに困っているのなら、屋根に何らかの不具合が起きている可能性があるので、修理することを考えましょう。その場合は、塗装ではどうにもならないことも多く、屋根の葺き替えをしなければいけないケースがあります。

こちらでは、塗装では直せない理由と、葺き替えが必要なタイミングの紹介をします。雨漏りを放置しておくと、家の中にまで不具合が起こる可能性があるため早めに対処しましょう。

下手をすると自宅に使われている木材が腐ってしまい、大規模なリフォームが必要な事態にもなり得ます。そうなると、葺き替えどころではない費用がかかってしまうので、損をしたくない方には早めの行動をおすすめします。

 

塗装では雨漏りを直すことは不可能

屋根塗装をおこなうときに利用する塗料を少し調べると、防水性が備わっているものが存在するのが分かります。そのような防水性がある塗料を屋根に塗れば、雨漏りが直ると考える方もいるでしょう。

そのため、雨漏りに困っている方は、近所にある塗装業者への連絡を考えているかもしれません。ところが、塗料では雨漏りを直すことはできないので、塗装業者に頼んでしまうと、せっかくの作業が無駄になる可能性が高いです。

しかし、防水性がある塗料を塗っても雨漏りが直らないのは、納得できないと感じる方もいるはずです。その理由は簡単で、塗料は屋根材を保護するために利用するものであって、屋根そのものの代わりになるものではないからです。

つまり、土台となる屋根の部分がダメージを受けていて、破損などをしていれば、その箇所を防がないかぎり雨漏りが解消することはありません。

ダメージを受けてしまった屋根を修理するには、重ねばりや葺き替えをおこなう必要があるので、業者への相談を考えましょう。

それでも雨漏りが収まらない場合は、複数の原因によって雨漏りが起こっている可能性があるため、一つ一つ原因を調べる必要があります。

 

屋根をチェックして重ねばりや葺き替えが必要か確かめよう

葺き替えが必要かどうかチェックしたいのなら、まずは屋根のフチを見てみましょう。もしも、シミができていたりカビが発生したりしているのなら、屋根はダメージを受けてしまっています。

現在は大丈夫でも、いずれは雨漏りの被害に遭う可能性があるため、なるべく早く重ねばりや葺き替えをおこなったほうがよいです。もしかすると、居住エリアに雨が入ってこないだけで、屋根裏には侵入しているかもしれません。

 

業者に頼むのなら見積もりが必須

重ねばりや葺き替えを業者に頼むのなら、実際に屋根の状態を見てもらって、料金がどのくらいになるのか見積もりをだしてもらいしょう。いくつかの業者に見てもらい、安い料金を提示してくれたところに屋根を任せると、余計な費用をかけずに直せます。

業者によって費用が数十万円違うことも珍しくはないので、比較できる情報を集めるのが大切です。

屋根材や建物の構造によって、重ねばりや葺き替えのどちらが適しているかも見てもらえます。できない工事もあるのでよく相談してみましょう。

塗装では雨漏りを直すことはできませんが、ダメージを防げるようになるため、屋根の耐用年数を伸ばせます。

定期的に塗り直すようにすれば、屋根までにダメージがいくのを食い止められるので、塗り直す最適な間隔も聞いておいたほうがよいでしょう。もちろん損をしたくないなら、塗装に関しての見積もりも、しっかりとおこなってもらう必要があります。

 

傷みがひどかったり、築年数がかなり経っている場合、屋根は重ねばりを行ったり葺き替えを行ったりする必要があるものです。

業者を呼んで作業料金の見積もりをだしてもらいましょう。なお、何かしらの原因で屋根の一部が破損して、雨漏りが起こっている可能性もあります。

その場合は葺き替えなどは必要ありませんが、素人では判断ができないので、業者を呼んで屋根を見てもらう必要があります。

 




サイト内検索
記事一覧