埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装や屋根塗装の値段の違いはどこに出る?

公開日:2021/09/15  最終更新日:2021/05/06


埼玉で外壁塗装や屋根塗装をしようと考えているときに、その方法を選ぶ上で費用は大きなポイントになるものです。もちろん施工方法によって、外壁塗装・屋根塗装にかかる費用は異なります。できるだけ安く済ませたいと考えがちですが、単に安いからという理由だけで選んでしまうと後悔することになる可能性もあるので注意が必要です。

塗装の値段の違いは耐用年数に出る

埼玉にある家が古びてきたときには外壁塗装や屋根塗装をして、見た目を美しくし耐久性を高めることをおすすめします。しかし屋根や外壁の塗装に使用される塗料には様々な種類のものがあるため、どれを選ぶべきか迷ってしまいがちかもしれません。

多種多様なものがある塗料はそれぞれ異なった特徴があり、耐用年数にも違いがあるだけでなく値段の違いもあるのが特徴です。 例えばアクリル系塗料と呼ばれる種類のものは、塗料のなかでも最も安いタイプのものとなります。この塗料の耐用年数は、およそ5年から8年というところです。そのため5年から8年ほど経過したら、また塗り直す必要が出てきてしまいます。

もし5年から8年ほどで引っ越しや立て直しをする予定であるためそれまで保てば良い、という場合にはこの塗料を使用すれば無駄な出費をせずに済むでしょう。とはいえ8年を超えるほど長く住み続ける予定であるのなら、もっと耐久性の高い塗料を選んだほうが良いです。

塗装の値段は面積によって変わる

外壁塗装や屋根塗装に使われる塗料には、色々な種類のものがあります。埼玉の施工業者でもアクリル系やウレタン系、シリコン系などの様々な塗料の取り扱いがあります。一般的な住宅の外壁や屋根を塗り直す場合には、シリコン系塗料が使われることが多いようです。

この塗料は耐久性と値段のバランスが優れていて、コストパフォーマンスが良いとして人気を集めています。10年から15年ほどと長持ちする塗料で、汚れや紫外線に対しても比較的強いのが魅力です。 1つ下のグレードとなるウレタン系塗料は30坪の一般的な2階建て住宅で70万円ほどですが、シリコン系塗料は87万円ほどといわれています。

しかしシリコン系より長持ちするフッ素塗料となると、同じ規模でも110万円ほどが相場です。このように種類によって塗料の値段は変わりますが、面積によっても異なってきます。20坪の場合は塗装面積もあまり広くはありませんが、40坪となると足場や養生の範囲も広くなり、値段も変わります。

施工時期によっても費用は異なる

外壁塗装や屋根塗装の費用は、塗料の種類や施工する面積によって変わってくるのは前述したとおりです。しかしそれだけでなく、施工時期によっても値段の違いが見られることもあります。そのため埼玉で外壁や屋根の塗装を行う場合には、1年のうちのいつ施工するかも考えておく必要があるでしょう。

一般的に塗装を行うのに適した時期は、春や秋といわれています。その理由は空気が乾燥しているので、塗料も乾きやすく仕上がりも良くなるからです。屋外の壁や屋根を塗装するときには、天気や気候の影響も受けることになります。

雨が降ることの多い梅雨や気温の影響を受ける可能性がある夏は、一般的に春や秋と比較するとあまり人気がありません。とはいえこれらの時期は、予約が取りやすくなる可能性があるという点ではメリットがあります。また春や秋と比較すると、安い料金で施工してもらえることもあるようです。メリットやデメリットを考えて、時期を選ぶことをおすすめします。

 

埼玉県で外壁塗装や屋根塗装をするときの値段の違いは、塗料の違いによる耐用年数に出ます。また施工する面積によっても、塗装の値段は変わって来るのが特徴です。そして施工する時期によっても、費用は異なる場合があります。

サイト内検索
記事一覧