埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

埼玉で外壁塗装・屋根塗装の作業時間帯はいつ?

埼玉で外壁塗装・屋根塗装を依頼するときに、塗装に適した時期や作業時間があるのか悩む方も多いかもしれません。塗装は1年を通して行うことができて、春や秋は人気があります。屋根塗装だと季節以外に行うタイミングを判断するために劣化状況を見極めることが重要で、ここでは外壁塗装・屋根塗装に適した季節や作業時間について紹介します。

外壁塗装・屋根塗装で人気なのは春と秋

埼玉で外壁塗装・屋根塗装を行う条件として、殆どの塗料メーカーは規定で湿度85%未満、気温5℃以上の環境であることを記載しています。この条件を満たしていれば1年を通して塗装は可能で、特に春の3月から5月、秋の9月から11月は気候も安定していて条件を満たしやすいので人気が高いです。

夏や冬でも行えますが冬場の塗装では作業時間帯に注意が必要です。 冬場は朝露や夜露が起きやすくて屋根や外壁が濡れた状態になり、濡れていると塗装ができません。冬だと朝露が完全に乾いた時間から、夕方の気温が下がる前までに作業をします。季節の特徴によって塗装の工程などが組んでもらえるかも優良施工店を見極めるポイントです。

また、屋根は方角の違いで夜露の残りやすさなどに差があり、南面は太陽の光が当たりやすいので乾燥しやすく塗装しやすい方角です。北面だと太陽の光が当たりにくいので乾燥しにくいです。季節を問わず起きる現象なので屋根の塗装の順番を決めるときは屋根の方角も注意です。屋根が濡れたままで塗装をしても上手く塗れなかったり、付着しても早い段階で塗膜が剥がれたりする可能性が高いです。

作業時は8:30~17:00くらいが一般的

夏と比べて冬の季節になると埼玉でも日は短くなり、外壁塗装・屋根塗装を行える作業時間も少なくなります。関東地方だと夕方17時ぐらいには既に外は暗くなります。

気になる一般的な作業時間ですが、8:30~17:00くらいまでです。天候不順で日程通り進んでないときは少し作業時間が延びたりしますが、大体はこの時間帯で夕方を過ぎて作業を続けると近隣の方にも迷惑になりますし、明かりをつけても見えにくく冬場だと気温も下がるためよくありません。

冬は日中の時間が短くて外壁や屋根に霜が降りたり、夜露に濡れていたりするためそれが乾かないと作業が行えません。実際に塗り替えができる時間は10:00~15:00までになることも珍しくありません。これだと時間が短すぎではないのかと感じますが、塗れない時間は道具の手入れや整理、次の作業に向けての準備をするので時間的には夏と変わりませんが、夏より塗装の実作業時間が短いのでより忙しくはなります。

これも依頼者の都合にあわせて作業時間帯は変更することも可能で、その日によって作業を休んでほしいときなど要望があるときは事前に業者へと相談しておくと、臨機応変に対応をしてくれます。

雨季の塗装はあまりお勧めできない

外壁塗装・屋根塗装では塗料を塗ったあとにきちんと乾燥をして塗膜を作る必要がありますが、乾く前に塗料へ雨水がつくと塗料が流れてしまったり、重ね塗りをしてもすぐに剥がれてしまったりします。乾かす時間をきちんと確保することで強い塗膜も作られて、数ミリの重なりで紫外線と雨水などの自然環境からダメージを防いでくれます。 乾燥中の塗料は水に弱く雨が降ると、乾いていない部分が流れてしまい、水分がついた分時間が長くなります。また、乾きが不十分なままで塗るとすぐに剥がれてしまうので、塗装日数が増えてしまい失敗を高める原因になります。

雨季の時期は避けた方がよいといわれていますが、まったくできないわけではありません。梅雨でしたら雨天が多いものの温かくなってきているので、雨が降らないと乾きやすい季節です。雨にさえ注意すれば雨季でも十分に塗装は行えます。

天気の予測は難しいですが、これができれば雨が多い時期でもそれほど心配なく、地域の天候など特性を知り、天気を予測できるような地域密着で長く活動している業者へ依頼するのがよいです。

 

埼玉で外壁塗装・屋根塗装を業者に依頼するときには、作業時間も大体決まっていて季節によってその時間も変わってきます。温度が高くて天候が安定しやすい季節だと時間もそれほど変わりませんが、冬場など温度が下がり夜露などで濡れたりするとそれが乾くまで作業ができなくなります。




サイト内検索
記事一覧