埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁塗装時に植木はどかしたほうがいい?

これから外壁塗装・屋根塗装を埼玉県でおこなう場合には、さまざまなことを考えていかなければいけません。

外壁塗装・屋根塗装をする場合に準備として、植木をどかすかどうかがまずポイントになります。

特に、植木がたくさんある家に関してはこれをどのように扱うかが重要になるでしょう。

 

なぜ植木が問題になるのかを理解しておこう

外壁塗装する場合、庭が全くないような住宅の場合には植木すら存在しない可能性があります。このときは、特に問題ありませんがそうでない場合には植木をどかすかどうかが重要なポイントになるでしょう。

そもそもなぜどかさなければいけないかといえば、その理由の一つは足場を設置するからです。そうだとすれば、足場の設置に問題がなければわざわざどかす必要はありません。ですが、足場の設置をするときに邪魔になってしまった場合には移動させておくことが必要になります。

足場といってもさまざまな種類があり、くさび式のものに関しては建物から1メートルぐらい離れたところまで設置することになるでしょう。そのため、もし盆栽などが建物から1mぐらいの距離にある場合には確実に移動させなければいけないことになります。

一つぐらいならば問題ありませんが、ひな壇のようになっていてたくさんのものがある場合には、あらかじめ数日前に業者に相談しておき、移動してもらうのが一番良いです。

業者としても、それぐらいは織り込み済みですので、快くおこなってくれるはずです。実際にどこに移動するかも問題になりますが、ある程度庭が広いならば全く影響のないところにどうすれば十分です。ですが、庭が狭い場合には玄関の中に入れておく方法もあります。

多少狭くなるものの、いつまでも外壁塗装や屋根塗装するわけではなくたいていの場合2週間程度ですので、その点を我慢すれば特に問題ないといえます。

日当たりが良いところでないと育たない花などの場合には、2階のベランダなどに持っていく必要もあります。このように、何らかの対策をすることにより問題解決をすることができるでしょう。

塗料がかかってしまうこともあり得るために移動する

外壁塗装・屋根塗装においては、植木を移動する理由の一つが足場の設置に邪魔になるからですが、それ以外にも塗料がかかってしまうようなことがあります。いくらプロがおこなう外壁塗装・屋根塗装といっても、100パーセント周りにかからないとは限りません。良く、周辺の自動車などにカバーがかけてあるようなことがあります。

カバーをかけることにより、塗料の散布を防ぐといった役割があります。1mから2m以上離れている自動車にもカバーをかける決まりになっていますが、結構遠いところにある自動車に塗料がかかってしまうことは、可能性としては全く否定できないわけではありません。

そうだとすれば、花などにもかかってしまう可能性があるため移動させておく必要があるといえます。もちろん、ほんの少量ぐらいならば問題ないと考えている場合にはわざわざ移動させる必要はないでしょう。この点に関しては、住人がどのように判断するかです。業者としては可能なかぎり被害を防ぎたいため花や盆栽などがあれば移動したいと考えるはずです。

ですが、あまり場所を移動させることを良いと思わない場合には無理して移動させる必要はありません。最終的な判断は、住人によって下されるところになります。

作業の邪魔になる場合もどかしておく

作業の邪魔になってしまうような場合も、あらかじめ移動させておく必要があります。

どのようなことが考えられるかといえば、足場を設置する場合のトラックの出入りなどになります。このような場合、可能なかぎり問題ないところに移動させておきましょう。

 

将来的に外壁塗装・屋根塗装をしたいならば、あらかじめ植木の移動をしておくことが必要になります。

その理由の一つは、足場の設置をするとき邪魔になってしまうからです。二つ目の理由は、塗料がついてしまう可能性があるからです。

この場合、少し離れたところにある場合は、住人のほうで最終的に判断しましょう。多少塗料がついても問題ないという人もいるはずです。それ以外にも、トラックの出入りのとき邪魔になる場合には移動させることが重要です。




サイト内検索
記事一覧