埼玉の外壁塗装・屋根塗装業者をおすすめ比較ランキングでご紹介!【口コミでも評判の住宅塗装工事!】

外壁の塗り替えを検討すべき?住まいの劣化サインとは

公開日:2022/04/01  最終更新日:2022/04/15


マイホームに長く住んでいるとリフォームや修理が必要になってきます。とくに外壁は外から目立つ部分なので、塗り替えるタイミングに悩むこともあります。お金もかかるので、塗り替えをするべきかどうか迷ったときは、どうやって判断したらよいのでしょうか。そこで今回は、外壁の塗り替え時期や住まいの劣化サインについて解説します。

外壁塗装を行うべきサインとは?

まずは、どのような場合に外壁塗装をすればいいのでしょうか。ここでは、外壁塗装を行うべきサインについて紹介します。

外壁の色あせ

外壁の表面が新築当初から色あせてきたら、塗膜劣化が始まったサインです。紫外線の影響を大きく受けるので、日光がよく当たる部分から色あせしやすくなります。緊急で処置が必要なほどではありませんが、塗装するサインのひとつです。また、新築したときは外壁にツヤがあったのになくなってきた場合も劣化のサインといえます。

チョーキング

外壁の表面を触ってみてチョークのような白い粉が手につくことがあります。これをチョーキング現象といいます。塗料に含まれる成分が浮き出ているので、塗装表面が劣化しているサインなのです。ヒビ割れやカビ発生の原因にもなります。

ひび割れ

大きな地震などで強い衝撃を受けると、外壁にヒビが入ることがあります。また、自宅が交通量の多い道に面していて、トラックなどの振動を受けるためにヒビが発生する場合もあります。ヒビ割れを放置していくと、雨がしみ込んでカビの原因にもあります。自宅の強度にも悪影響なので、早めに塗り直しを検討することをおすすめします。

ふくれや剥がれ

外壁の表面がふくれ上がっていたり、剥がれていたりしたら要注意です。雨がしみ込んでヒビ割れの原因にもなります。

外壁以外のサイン

そのほかにも、住まいが劣化したことを確認できるポイントがあります。外壁以外で注目してほしい住まいの劣化サインについて紹介しましょう。

鉄の部分

住まいの鉄の部分に劣化が出てきたら要注意です。ベランダや玄関付近の手すり、門などに鉄が使われていて、サビが出てくることがあります。これは、鉄の表面の塗装が剥がれてきているのが原因です。

自宅を囲む塀

自宅を取り囲む塀の部分にも注目してください。外壁と同じように、紫外線や雨風の影響を直接受ける部分です。ヒビや塗装の剥がれが起きることがあります。

また、湿気があるとコケやカビが発生する場合もあります。塀の美しさは外壁と同じく自宅の印象を大きく左右する部分です。自分で清掃しても解決しない場合は、業者に依頼できます。塗り直してもらうことも可能です。

塗装は築10年が目安!

外壁の汚れや劣化が気になって外壁塗装を検討する人も多いはずです。それでは、外壁塗装をするべき具体的なタイミングはいつでしょうか。

新築から10年を目安に

外壁は雨風や紫外線を直接受ける部分です。ですから、汚れがつきやすく、色あせも発生します。さらに防水性も落ちてきます。ですから、だいたい新築から10年くらいが外壁塗装の目安といわれています。

外壁を保護できる

劣化が現れてきても、外壁塗装をすることで新築した時のような美しさを取り戻せます。一度は劣化した外壁でも、塗り直すことで耐久性も高まります。再び雨風や紫外線からしっかり自宅を守ってくれるのです。

 

外壁塗装の目安は新築から10年です。今回紹介したとおり、外壁に色あせやヒビ割れを見つけたら劣化のサインといえます。雨水の浸水などが起きてから慌てないように、早めに外壁塗装の業者を探し始めるなどの準備をしてください。外壁塗装をすれば見た目も美しくなって気分的にもうれしいですし、建物の強度も高まります。大切な住まいの劣化サインを見逃さずに、適切なタイミングでメンテナンスしてください。

サイト内検索
記事一覧